柿渋倶楽部 |病気知らずの柿渋健康法 ポリフェノール たっぷり
ホームお問い合わせサイトマップ
柿渋とは?|柿渋でもっと健康に!柿渋の働き|柿渋でもっと健康に!柿渋体験集|柿渋でもっと健康に!柿渋コラム|柿渋でもっと健康に!リンク集|柿渋でもっと健康に!
柿渋が人体に及ぼす様々な働き
● コレステロールを低下させ、血圧を下げる
● 血液を浄化する
 脂肪の酸化を防ぐ

 余分な活性酸素を抑えこむ

 血糖値の上昇を抑える
 余分な活性酸素のそうじ、血管の掃除をする

 毛細血管の老化を防ぐ
 ガンを予防
 細菌やウイルスの増殖を防ぐ
 二日酔いの防止、緩和に最適
 口臭を防ぐ
健康第一
 ■ コレステロールを低下させ、血圧を下げる
血圧 低下 柿渋タンニン(柿渋ポリフェノール)は血中の悪玉コレステロールそのものを減らすように働いて、高脂血症を防ぎます。そのため、動脈硬化を予防し、血圧を下げます。
▲ TOPへ戻る
 ■ 血液を浄化する
柿渋タンニン(柿渋ポリフェノール)は、悪玉コレステロールそのものを減らすうえに、活性酸素が血中の脂質を酸化させるのを防ぎますので、血管内壁が脂で肥厚し、こぶがせり出して血管がせまく、血流が悪くなったり、つまったり、血管が破れるのを抑えます。約1分間で身体を1周する血液の流れがスムーズであれば、栄養や酸素がすばやく身体の末端の細胞にまで供給され、老廃物を取り除きます。したがって、身体全体が活性化され不調も改善されます。血液をきれいにすることは、とても大切なことです。病は血から、人は血管から老いる。
血液 浄化
▲ TOPへ戻る
 ■ 脂肪の酸化を防ぐ
脂肪 柿渋タンニン(柿渋ポリフェノール)には、脂肪の酸化を防止する働きがあります。したがって、血中の脂質である「コレステロール・中性脂肪」などと活性酸素が結びついて悪玉過酸化脂質をつくることがないようにします。そして、身体の老化のスピードをゆるめ(シワ・白髪)、内臓の機能が衰えたり、ガン化していくのを抑える力があります。
▲ TOPへ戻る
 ■ 余分な活性酸素を抑えこむ
柿渋タンニン(柿渋ポリフェノール)は、活性酸素を取り除く強力な、抗酸化食品です。多くの病気、老化の敵である活性酸素をたたき、除去する力を非常に豊富に持っていますので、病気になりにくく、若々しくいられます。また、アトピー性皮膚炎、花粉症の緩和にもつながります。 花粉症
▲ TOPへ戻る
 ■ 血糖値の上昇を抑える
血糖値が上がると、すい臓がオーバーワークになり、インスリンの分泌が減って、糖尿病になる可能性が高くなります。柿渋は血液の浄化により、血糖値を下げ、糖尿病を防ぎます。
▲ TOPへ戻る
 ■ 余分な活性酸素のそうじ、血管の掃除をする
柿渋タンニンは、ビタミンEや赤ワイン、緑茶以上に、すぐれたそうじ人(スカベンジャー)で、スーパー抗酸化食品といえます。したがって、脳卒中、心筋梗塞でいえば、予防のみならず、再発防止や後遺症にも多いに役立ちます。
▲ TOPへ戻る
 ■ 毛細血管の老化を防ぐ
柿渋タンニンは、フラボノイドの一種である「ルチン」という物質の化学構造と類似しています。この「ルチン」は毛細血管の老化を防ぎ、高血圧を防止する働きがあり、現在血管補強剤、毛細血管止血剤として、高血圧治療に利用されています。 高血圧
▲ TOPへ戻る
 ■ ガンの予防
柿渋の含まれる多量のタンニンは発ガンを抑制し、ガンの増殖を抑えるように働くといわれています。他に、ミネラル類、食物繊維など、ガンを予防する成分が豊富に含まれています。
▲ TOPへ戻る
 ■ 細菌やウイルスの増殖を防ぐ
柿渋に含まれる柿渋タンニンには、抗菌作用と解毒作用があります。そのため、食中毒防止、虫歯予防、口臭予防、風邪予防などに役立ちます。
▲ TOPへ戻る
 ■ 二日酔いの防止、緩和に最適
飲酒 二日酔いの原因とされるアセトアルデヒド。柿渋タンニンは、このアセトアルデヒドと非常に結びつきが強く、体内に残留するアセトアルデヒドを除去し、二日酔いを防ぎます。
▲ TOPへ戻る
 ■ 口臭を防ぐ
フラボノイドは口臭に効果的だということは広く知られています。柿渋はこのフラボノイドを含み、非常に多くのフェノール基を有していますので還元性が強く、口臭防止、脱臭に効果的です。
▲ TOPへ戻る
柿渋「柿渋健美」 | 病気知らずの柿渋健康法 ポリフェノール たっぷり
Copyright 2006 Total Clean Inc. All Rights