HOME » お知らせ
お知らせ

【コラム】豚コレラ 野イノシシで拡大か 

更新日 : 2019/2/12

去年9月より岐阜県の施設で確認されていた豚コレラ。人間に感染することはなく、仮に食べても人体への影響はありませんが、豚への感染が止まりません。感染は一気に5府県に拡大、殺処分が続いている状況です。
豚コレラは、豚コレラウイルスによる伝染病で、豚とイノシシに感染する。国内では1888年に米国から輸入された豚が原因で最初に発生し、1992年の熊本県内での発生を最後に確認されていなかった。感染した豚などの唾液や鼻水、ふんなどに接触することで感染する。感染力は強く、ウイルスに触れたヒトや器具を介してうつることもある。今回、国内に侵入した経路は不明だが、流行している国から来た旅行者が持ち込んだ肉製品などが原因の可能性があり、侵入後は野生のイノシシが媒介しているとみられるという。拡大を防ぐには、感染が確認された地域でイノシシを捕獲して生息数を減らしたり、フェンスで養豚場に近づかないようにしたりすることが必要だ。しかし、野生動物のコントロールは難しく、流行しているどの国でも頭を悩ませている。

 

関連記事

【コラム】シカやイノシシもハチは苦手?養蜂業者 害獣対策装置開発

この装置が製品化されたら応用が利くのではないでしょうか・・・もっと広まってほしいなと思います!
 


知ってて役立つ「耳より情報」はコチラから!

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>