HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】そのかゆみ南京虫かも?症状と潜伏期間を解説

更新日 : 2019/3/20

南京虫に刺されたと不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
そのかゆみの原因は南京虫かもしれません。
今回は、南京虫の症状や潜伏期間について専門業者が解説します。


南京虫の症状
南京虫は吸血性がある昆虫で、別名トコジラミといいます。
体長は5~8mmで丸っこく色は茶褐色です。

*刺されると赤く腫れる
南京虫に刺された場所は赤く腫れます。
直径1~3cmほどの大きさで水ぶくれのように膨らみます。
特徴として、
複数箇所を刺されるということがあります。
南京虫は移動しながら何度も吸血するので、赤い腫れが広範囲にわたることがよく見られます。
赤い腫れは2週間以上消えないこともあります。

*かゆみ
赤い腫れにかゆみも伴います。
南京虫に刺されると非常にかゆく、そのかゆみの大きさは蚊の数倍とも言われることもあります。
しかし、かきむしったら症状が悪化するので適切な対処が必要です。
かゆみは1週間、長い方で2週間ほど続くこともあります。

*発熱、じんましん
体の抵抗力が弱まっているときは、南京虫に刺されたことで発熱することがあります。
しかし、南京虫を媒介にした感染症は今のところ発見されていないので発熱の危険は大きくありません。
また、敏感肌の方は腫れに伴ってじんましんを発症することがあります。


南京虫の症状の潜伏期間
南京虫の症状の潜伏期間は基本的に数時間です。
場合によっては数日間に及ぶこともあるようです。
南京虫に刺されて少し時間が経つと、腫れやかゆみなどの症状に気づきます。
刺されてすぐ気づくわけではないので、いつどこて刺されたかを特定することは難しいです。
また、刺された当日より2日目以降の方が症状を強く感じます。

*特徴
南京虫に始めて刺されたときは症状が小さい、もしくはほとんど感じないということもあります。
なぜなら、南京虫の症状はアレルギー反応によるものだからです。
2度目以降に刺された場合は初回より強い症状を発症します。

*睡眠時間に注意
南京虫は厳密には夜行性ではありませんが、明かりを嫌います。
そのため、照明のついていない夜間寝ているときなどに刺されることが多いです。
この場合、起きてから南京虫の症状に気づくため、原因が南京虫であることを気づかない場合があるので注意が必要です。


まとめ
今回は、南京虫の症状や潜伏期間についてご紹介しました。
症状の特徴は複数個所の赤い腫れと強いかゆみです。
このような症状を感じたら、症状の適切な対処と南京虫の駆除をすることが重要です。

 

 

 


クリックすると弊社のトコジラミ対策・駆除のページへ移動します

 

 

 

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>