HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】農家の敵!イタチから農作物を守るために出来ること

更新日 : 2019/3/25

農業を営む方にとって農作物は生活を支える大事な商品です。
その商品を守るため、天候や気温、害虫など気にしなければいけないことが沢山あるでしょう。
その中でも、イタチやテン、タヌキや鹿など害獣と呼ばれる動物に悩まされる農家の方も多いのではないでしょうか。
今回は、害獣と戦う農家の方のために、イタチから農作物を守るために出来ることをご紹介していきます。

イタチが農作物に与える被害

イタチの被害に遭っていない農家の方は、どのような被害に遭うのかを知っておく必要があるでしょう。
イタチが農作物に与える被害は以下のような被害があります。

木になる果物

イタチは木に登ることや泳ぐことなどが出来る動物です。
そのため木の上に実をつけるリンゴや桃などの果物も被害を受ける可能性があります。
高いところに出来るものだからと油断しているとイタチの被害に遭ってしまうケースがありますので注意しましょう。

土の中に出来る野菜

土の中に出来るサツマイモなどのイモ類や根菜と呼ばれる野菜も、イタチの被害に遭うケースがあります。
イタチは土の中を掘り起こすことが出来るため、おいしい野菜の臭いにつられて育てている野菜が被害に遭うケースがあります。

土の上に出来る野菜

カボチャやキュウリ、ナスなど、土の上に出来る野菜も同じくイタチの被害に遭うケースがあります。
イタチは好き嫌いなく動植物、昆虫問わずに何でも食べてしまう動物です。
 
イタチの被害は上記のような野菜や果物に被害を与えます。
では、イタチの被害に遭わないためにはどのような対策が必要なのでしょうか?

イタチの被害を防ぐためには

イタチの被害を防ぐために必要なこととしては、イタチの侵入経路を防ぐことや、イタチが嫌う臭いを出すこと、強い光などを乱反射し、近寄らせないということが必要となります。自分で出来る対策方法としては、CDなどをぶら下げて光を乱反射させることや、木酢液などを購入して散布するなどの方法はありますが、イタチごっこと呼ばれるようにイタチは何度でも寄ってくる動物です。
根本的な対策をするには、プロの業者に依頼することが賢明です。習慣性のついたイタチを完全に阻止するには、侵入してくるイタチを捕獲して駆除するのが一番でしょう。

農作物以外にも起こりうる被害

農作物以外にもイタチによる被害は報告されています。
農家を営む方は、自宅でペットとして犬や猫などの小動物や、家畜として鶏などを飼っている人も多いでしょう。家畜やペットを食害されるという被害も、イタチの被害の中報告されており、農作物以外にも気をつけなければいけません。
イタチの被害で泣き寝入りする前に、専門の業者に相談し、プロのイタチ駆除の技術を借りてイタチの駆除を早急に対応することで、大事な農作物やペット、家畜を守ることが出来るでしょう。


クリックすると弊社のイタチ対策・駆除のページへ移動します

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>