HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】戻りバチに子供が刺されないようご注意を!戻りバチの危険性について

更新日 : 2019/4/3

ハチの巣は駆除した後も危険が残ることをご存知ですか?
今回は、ハチの巣を駆除した後に残る戻りバチに対して、注意しなければいけないことをまとめてみました。
ハチの巣を駆除した後も、ハチが残っていて困っている人は必見です。

巣を駆除した後も残り続ける戻りバチとは?

ハチの巣を駆除した後も、その場にハチがしばらく残り続けることがあるのをご存知ですか。
駆除をしている際に、たまたま巣を離れており、帰ってきたら居場所がなくなっているハチを戻りバチと言うのです。
そのため、ハチの巣を駆除した後も、しばらくハチがその場に残り続けることがあるため、注意が必要です。
数匹でも近づいてはいけないのはもちろんですが、数多くの戻りバチがその場に残り続けているのであれば、なおさら警戒する必要があるでしょう。

数匹だと油断して防護服を着ずに対応してはいけない

数匹の戻りバチなら大丈夫だと、使いかけのスプレーを使って気軽にハチ駆除しようとするのは避けましょう。
ハチは目を攻撃することもありますので、油断をしていると毒のある針で目を刺される危険性もあり、ハチがスズメバチなどの危険性の高いハチであれば、数匹どころか1匹でも十分脅威となります。
そのため、戻りバチを再度駆除する必要があった時は、きちんと防護服を着用し対応することや、すぐに戻りバチを駆除する必要がない場合は、近づかないよう気を付けながら放置すると良いでしょう。
また、巣を失った戻りバチはあまり寿命が長くないため、時間が経てば死に絶えてしまいます。

巣を駆除した後はスプレーを周辺にかけておこう

ハチの巣を駆除した後は、きちんと巣の周辺にスプレーをかけておき、ハチが近寄れないように工夫することが大切です。
自分でハチの巣を駆除をする際には、きちんと事後処理を怠らないようにしてください。

子供が近寄らないよう気を付けよう

庭にハチの巣を駆除した後、すぐに安心して子供を遊ばせるのは危険です。
戻りバチが残る可能性がありますので、しばらく様子をみるのはもちろん、ハチの巣があった場所には近づかないよう気を付けるようにしてください。

絶対に戻りバチには油断してはいけない

戻りバチは巣を失い、攻撃性が高くなっている恐れがあります。
そのため、数匹だからと言って油断していては、逆に危険ですので、刺激しないのはもちろんのことハチに近づかないことが大切です。
子供がいる場合は、巣を駆除したからといって、安心せずに注意深く様子を見るようにしましょう。

 

 

 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 

 

 

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>