HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】感染症対策!鳩の糞や羽の掃除の注意点をご紹介

更新日 : 2019/4/17

鳩の糞や羽の掃除でお困りの方はいらっしゃいませんか?

鳩にベランダを汚された場合、掃き掃除や水洗いなど大変ですよね。

しかし、鳩は様々な病原菌を持っているため、掃除方法には一定の注意を払わなければなりません。

今回は、鳩による健康被害と糞や羽の掃除の注意点について解説します。

 

 

鳩による健康被害

*トキソプラズマ症

鳩にはトキソプラズマという小さな生物が寄生しています。

健康な成人は、万が一トキソプラズマが侵入した場合でも、強い免疫力によって感染を抑えることができます。

しかし、小さなお子様は免疫力が弱いため感染しやすいです。

また、妊娠初期の女性も感染した場合、胎児に危険が及ぶこともあるので注意が必要です。

 

*クリプトコックス症

空気中や土壌に含まれるカビを吸引することで引き起こされる感染症です。

通常は、人間の免疫力によって感染を抑えることができます。

しかし、鳩はクリプトコックスを保有している個体が多いので、不用意に近づかないように注意が必要です。

 

*鳥インフルエンザ

鳥類を中心に感染するインフルエンザです。

鳩を含めて多くの鳥類が体内に鳥インフルエンザウイルスを保有しています。

人間に感染することはめったにありませんが、世界規模で見ると感染事例は複数あります。

感染した場合、死に至る危険もあるので注意が必要です。

 

 

掃除方法の注意点

今回ご紹介したウイルスは、鳩の糞や羽にも含まれています。

そのため、感染症にかからないように健康に配慮して掃除しなければなりません。

 

*手袋とマスクを着用

鳩の羽や糞は素手で触れないようにしましょう。

また、鳩の糞は乾燥すると風によって空気中に舞い上がります。

吸い込まないようにマスクを着用することも大切です。

 

*強風の日は避ける

風が強い日は乾燥した糞が服に付着したり、窓から屋内に入り込んだりすることがあります。

掃除はできるだけ風の少ない日に行いましょう。

 

*免疫力が弱い人の近くで掃除しない

風邪気味の人や小さなお子様、ご老体の方が近くにいる場合は、掃除をしないようにしましょう。

免疫力が弱い方は、少しのウイルスの侵入によって感染症にかかってしまいます。

周りに配慮して掃除しなければいけません。

 

 

まとめ

今回は、鳩による健康被害と糞や羽の掃除の注意点についてご紹介しました。

鳩は様々な病原菌を持っています。

ベランダが鳩の糞や羽で汚された場合は、感染症対策をした上で適切な方法で掃除をすることが大切です。

 

 

 

クリックすると弊社のハト対策・駆除のページへ移動します

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜の更新 お楽しみに! 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>