HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】鳩を撃退したい!気を付けるべき鳥獣保護法とは?

更新日 : 2019/5/6

「ベランダに鳩が居座り、鳴き声がうるさい」

「糞の臭いがすごいので、窓を開けられない」

鳩を自分で撃退したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、行動を起こす前に一歩立ち止まりましょう。

自分勝手な方法で撃退すると、法律違反になる可能性もありますよ。

 

今回の記事では、一般的にあまり知られていない鳥獣保護法についてご紹介します。

 

 

 

鳥獣保護法とは

 

鳥獣保護法は鳥獣の保護と管理、狩猟の適正化を目的としている法律です。

対象は野生の鳥類や哺乳類です。

対象となっている生物を許可なく殺傷、及び損傷させることや、捕獲などを行うことは犯罪行為であり、罰則が科せられることがあります。

 

また、卵も法律によって適切な管理が求められているので、卵に損傷を与えること、採取、移動させることは禁止されています。

 

ただし、自治体に申し出て許可を得られれば、生活に被害をもたらす個体だけは捕獲が可能です。

 

 

 

法律違反になる撃退方法とは

 

たとえ自分の所有する敷地内でも、鳩を捕獲することはもちろん、巣を壊したり、卵を処分したりすることも犯罪の対象となってしまいます。

 

また、直接手を出していなくても、鳩を弱らせたり、威嚇したりすることも違法になる場合があります。

処分する目的ではなくても、巣を移動させたり、卵を採取したりすることも違法となる可能性が高いです。

 

 

 

どのように鳩を撃退すべきか

 

このように鳩は、法律によって厳重に保護されており、むやみに手を出せません。

では、糞や騒音の被害があったときに、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

鳥獣保護法がある以上は、「殺して取り除くこと」を意味する、「駆除」はできません。

したがって何らかの方法で、居座った鳩が戻ってこないようにする「防除」をする必要があります。

 

法律違反をせずに防除するためには、鳥獣保護法に関する知識を十分身につけてから行いましょう。

また確実で効果的な対処をしてくれる、専門業者に頼ることも一つの手でしょう。

 

 

 

まとめ

 

ここでは、鳩を撃退するときに気を付けるべき鳥獣保護法についてご紹介しました。

鳩をいち早く撃退したいとお考えの方は、撃退方法に注意すべきであることをお分かりいただけたでしょうか。

 

また「気が付いたら罪を犯していた」ということにならないように、鳥獣保護法には十分気を付けなければなりません。

 

鳩による被害で何かお困りのことがありましたら、一度お気軽にご相談ください。

 

   

クリックすると弊社のハト対策・駆除のページへ移動します

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜の更新 お楽しみに! 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>