HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】スズメバチの巣が出来ないように予防する方法

更新日 : 2019/5/31

家や、家の近くにスズメバチやアシナガバチの巣が出来たことがない方は、あまり現実的なものとして考えられないかもしれませんが、スズメバチの巣や、アシナガバチの巣に悩まされる家庭も少なくありません。
一度スズメバチの巣が出来てしまうと、駆除をしたからといって次も出来ないとは限りません。
巣が出来たと言う事は、スズメバチやアシナガバチにとっては、巣が作りやすい場所だったと考えられるでしょう。
予防する方法などについて見ていきましょう。

スズメバチの巣、駆除したらそれで終わり?
家などに出来たスズメバチの巣は、駆除したらもうそれで大丈夫かというと、そうではありません。
スズメバチやアシナガバチの駆除作業時に一部は巣に居なかった場合もあり、巣を駆除した後に、「戻りバチ」と言った形で戻ってくるケースがあります。
そして、同じ場所に巣を作り始めると言う危険があります。

スズメバチの巣を作らせないための予防方法
そのような戻りバチの予防や、巣を作らせない予防方法として、どのようなものがあるか見ていきましょう。

スプレーで予防
スズメバチの巣の予防方法としては、市販のスプレーで予防すると言う方法があります。
害虫防止のスプレーには、ハチの駆除をするスプレー、や蜂の巣を予防するスプレーなどがあり、蜂の巣を予防したい場合には、あらかじめ巣を作りそうな場所にスプレーをするだけで、巣を作りにくくさせると言う方法があります。

専門業者に依頼して予防
市販のスプレーを購入して自分でやるのではなく、プロの業者に依頼すると言う方法もあります。
蜂の巣の駆除等を専門として行っているプロの駆除業者に依頼すると言う方法が、一番危険がなく、安全と言えるでしょう。

スズメバチの巣を予防するべき時期
スズメバチの巣は、いつ予防したら良いのでしょうか。
スズメバチの巣は、4月から5月にかけて作り始め、この時期は女王蜂も攻撃性が低いため、駆除としては狙い目と言えるでしょう。
そして、作り始めた時期となるため早期の駆除が可能となります。

危険なので専門業者に依頼しましょう
スズメバチの巣が出来た場合には、市販のスプレーなどで時期などを見て、自分で駆除すると言う方もいると思いますが、慣れていない場合には、自分で行うようなことがせず、危険なので専門業者に依頼するようにしましょう。
一時的に費用がかかったとしても、死亡事故につながる危険があることや、失明するなどの危険もあるため、そのような危険は避けるべきと言えるでしょう。

 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>