HOME » お知らせ
お知らせ

【コラム】給食用炊飯器にネズミの死骸…横浜 

更新日 : 2019/6/11

 

横浜市は10日、小学校給食用の炊飯器の中からネズミの死骸が見つかり、153校の児童計約7万6950人への米飯の提供を取りやめたと発表した。回収が間に合わなかった1校で5、6年生計18人が米飯を食べたが、体調に異常はないという。
発表によると、ネズミが見つかったのは、横浜市綜合パン・米飯協同組合(横浜市金沢区)の工場。同日午前10時頃、米飯製造後、長さ10メートル、幅2メートル、高さ2・5メートルベルトコンベヤー式炊飯器を清掃中の従業員が死骸に気づいた。
7日の業務後に炊飯器を清掃した際には異常はなかったという。同組合は米飯の製造・提供を中止し、ネズミの侵入経路を調べる。給食の米飯は当面、別の業者が提供する。


 

 


知ってて役立つ「耳より情報」はコチラから!

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>