HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】アシナガバチは飼育できる?飼育方法について

更新日 : 2019/8/23

大人の方で、虫に興味がない人にとっては、アシナガバチやスズメバチなどは害虫に過ぎず、飼育することなど考えたことが無いという人がほとんどでしょう。
しかし、虫に興味がある人や、子供たちにとっては、アシナガバチも昆虫の一つで、飼育してみたいと思う方もいることでしょう。
アシナガバチは飼育できるのでしょうか?そして、飼育できる場合の飼育方法とはどのようなものなのか、今回はアシナガバチの飼育についてご紹介していきます。

アシナガバチの飼育は可能?
結論から申し上げると、アシナガバチを飼育することは可能です。
しかし、アシナガバチを飼育するためにはアシナガバチの巣を見つけ、自分で採取し、アシナガバチを育てる環境を作る必要があるため、その工程の中でとても危険な目に遭う可能性があります。
そのため、アシナガバチの研究などをしている専門家の方でない限り、アシナガバチの飼育はしない方が賢明と言えるでしょう。
アシナガバチは害虫の中でも特に猛毒を持ち危険性の高い生き物です。
生態を知り尽くした専門家ではない限り安全とは言えないでしょう。

アシナガバチを飼育する方法
それでも、アシナガバチを飼育したいと思った方は、アシナガバチの飼育をするために、アシナガバチの巣を見つけてくることから始めましょう。
アシナガバチの巣は、女王蜂が作り始めたころのものが一番安全と言えますが、作った後に働きバチがいる場合には、危険度が増すため、自分で採取することはやめた方が良いでしょう。
もし、採取出来たら、自宅で巣を固定できるような環境を作ることと、ハチが逃げ出さないように環境を作ることがとても重要で、一歩間違えるとハチが脱走してしまい、危険な目に遭うでしょう。

アシナガバチは危険な害虫なので駆除しよう
アシナガバチは飼育するものではなく、基本的には害虫なので駆除するものです。
アシナガバチの巣を見つけても、飼育したいと思う前に、駆除することを優先するべきでしょう。
刺された場合には、命の危険があることを忘れないようにしましょう。

まとめ
ここまで、アシナガバチの飼育についてご紹介してきました。
飼育方法などもご紹介してきましたが、基本的にはすぐに駆除することをおすすめします。
アシナガバチを飼育したいという気持ちもあるかと思いますが、アシナガバチの巣を発見したら、自分で駆除しようとせずに専門業者に依頼して巣を駆除してもらうことが一番安全と言えるでしょう。


 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>