HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】関西にお住いの方へ!鳩よけネットの選び方を分かりやすく説明

更新日 : 2019/8/23

「ベランダが糞だらけ、なんとか鳩の侵入を防ぎたい。」

「鳩を追い払うには、どのような鳩よけネットを選べばいいのだろう。」

こういった思いをした方はいらっしゃいませんか?

大切な住宅を鳩に汚されて、その度に掃除をするはめになるのは嫌ですよね。

その時間があれば、録画していたドラマを1話楽しめるかもしれません。

仮に、週に1回掃除をする場合、年間で48時間もの時間を失う計算です。

鳩が寄り付かない環境にするためにはどうすればいいでしょうか?

そこで今回は、鳩よけネットの選び方についてご説明します。

 

 

□鳩よけネットの設置

 

鳩よけネットは設置だけすればよいものではありません。

鳩は、気に入った場所であれば、小さな隙間を見つけ、無理やり入り込もうとします。

つまり、ネットを張る四隅をしっかりと固定することが大切です。

 

 

□鳩よけネットのサイズ

 

鳩よけネットとして、防球ネットを使う方がたまにいらっしゃいます。

防球ネットは、ボールが道路に飛び出さないように、学校の周囲に張り巡らしている緑色のネットです。

丈夫な素材であり、一見すると、鳩よけネットとしてよさそうに思えます。

しかし、網目が細かすぎるため、風の影響を大きく受けます。

すると、風でネットがたわんでしまい、その隙間から鳩が侵入する恐れがあります。

そのため、鳩が侵入できない20mm位の網目のネットを使用しましょう。

 

*鳩よけネットの種類

 

一般的に、ネットに使われる素材はポリエチレンが多いです。

しかし、ポリエチレンは耐火性のネットと比較すると、燃えやすい素材です。

そのため、火事が起こったときに被害を大きくする恐れがあります。

難燃剤が配合されているかを確認してください。

 

*鳩よけネットの色

 

ベランダ部分を覆うネットは、できるだけ目立たせたくはありません。

真っ先に思いつくのは、白色や透明のネットではないでしょうか。

しかし、実は黒色が最も目立ちません。

加えて、日光に強いため、長期間の使用に適しています。

 

 

□まとめ

 

今回は、鳩よけネットの選び方についてご説明しました。

鳩よけネットは、風の影響でたわまないように、鳩が絶対侵入できない大きさの網目を選びましょう。

また、火事に備えるため、耐火性のある素材を選び、外から目立たないような黒色のネット設置するのが大切です。

しかし、鳩よけネットが最も効果を発揮するのは、鳩の侵入を予防するときです。

もしも、鳩が住み着いている状況であれば、専門業者へ依頼しましょう。




 

  

クリックすると弊社のハト対策・駆除のページへ移動します

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜の更新 お楽しみに! 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>