HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】鳩の駆除は違法?間違えると処罰の対象に

更新日 : 2019/11/27

日本中に害獣や害虫と呼ばれる生き物はたくさん存在ます。
しかし、その害獣の中には、人間に被害を与えていたとしても、駆除してはいけない生き物も存在します。
その一つが「鳩」です。
鳩は、駆除をすると違法になる可能性がありますので、そのことについて今回はご紹介していきます。

鳩を違法に駆除する方法とは?
鳩は駆除すると違法なのでしょうか?
どのような方法で駆除をすると違法になるのでしょうか。
それは、鳩は殺傷してしまったり、傷つけてしまったりすることです。
鳩は鳥獣保護法という法律で守られており、狩猟などの対象からは外れています。
そのため、いかなる方法でも、殺傷したり傷つけたりすることは禁止されています。

間違えるとどのような罰則がある?
鳩を間違って殺傷や傷つけてしまうと、法律違反をしたということで、罰せられます。
その罰則としては、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金などがあり、鳩を駆除しようとしてそれらの罰則を受けてしまうことがありますので、注意が必要です。

失敗しない駆除方法
鳩の駆除で、先述したような罰則にならないようにするためには、どのように駆除をしたら良いのでしょうか。
それは、「専門業者に依頼する」ことか、「自治体に相談する」ことです。

専門業者に依頼する
専門業者とは、鳩などの害獣や害虫駆除を専門としている業者のことで、特に鳩の駆除実績がある業者は安心して任せることが出来るでしょう。
彼らは鳩などの駆除を専門に行っているため、法律に触れるような駆除の方法はしないことと、駆除業者に依頼することで、自ら間違った駆除の方法を行うことがないため、安心して鳩の駆除をすることが出来ます。

自治体に相談する
鳩の被害に遭い、繰り返し鳩によって生活が乱れたり生活環境が悪化したりしている場合には、自治体に相談することも必要です。
自治体に相談することで、その個体のみは駆除の対象となるケースもありますし、自治体が信頼できる専門業者を紹介してくれるケースもあります。
まずは、鳩の被害に困った場合には、自治体に相談してみると良いでしょう。

まとめ
ここまで、鳩の駆除について、駆除をすることは違法なのか?をご紹介してきました。
鳩の駆除は、間違って殺傷してしまったり、傷つけてしまったり、その生態を脅かす様な事をすることは違法です。
鳥獣保護法で守られている生き物は沢山いますので、違法な駆除の方法などを行わないように注意しましょう。

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>