HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】トコジラミの卵を検証!大きさや色、形は?

更新日 : 2019/11/29

家の中に害虫が出たことが無い方にとって、小さな虫や、見たことのない卵などを見つけた場合には、一体それが何の虫なのか、何の卵なのか疑問に思うことでしょう。
そして、害虫に悩まされないためにも、その虫や卵を調べたくなることでしょう。
ここでは、害虫として代表的な「トコジラミ(南京虫)」について、その卵の大きさや色、形についてご紹介していきます。

トコジラミの卵は見た目で判断できる?

トコジラミの卵は、見た目で確認・判断が出来るものでしょうか。
もし、それまでトコジラミ自体を見たことが無い方が、トコジラミの卵を発見したなら、それはとても目が良く、勘が良い人と言えるでしょう。
なぜかと言うと、それは、トコジラミの卵はとても自分で発見するのは難しいからです。

トコジラミの卵の大きさは?

トコジラミの卵はどれくらいの大きさなのでしょうか。
トコジラミの卵の大きさは1mmと言われており、形は卵型です。
1mmの卵で、色は無色透明となっているため、肉眼で見えますが、それを発見するというのはとても困難です。
トコジラミを発見して卵も発見するということはあっても、卵だけを見つけるということは困難でしょう。

家に何かの卵が、これはトコジラミ?

家に小さな卵のようなものがあった場合、それはトコジラミの卵なのでしょうか。
世の中には多くの虫が存在しますが、1mmの卵はトコジラミの卵と言えるでしょう。
他にも多くの害虫が存在しますが、卵の大きさはバラバラです。

トコジラミの卵はどうやって対処すればよい?

トコジラミの卵を発見したらどのように対処をすればよいのでしょうか。
それは、卵まで産みつけられてしまった場合は、害虫駆除のプロの専門業者に依頼をして駆除をしてもらうことが一番です。
市販の殺虫剤や、コインランドリーなどによる対処も可能ですが、完全に死滅させることは個人では難しいでしょう。

トコジラミに卵を産ませないためには

トコジラミに卵を産み付けさせないためには、卵を産む根源であるトコジラミを死滅させることです。
それには、早期の発見と早期の対処が必要です。
トコジラミの卵は3日間で孵化すると言われているため、対処が遅くなれば遅くなるほど、トコジラミの被害は大きくなると考えられるでしょう。

まとめ

ここまで、トコジラミの駆除や、卵の特徴などについてご紹介してきました。
トコジラミが現れた場合には、卵が産みつけられている可能性があることと、その卵は3日間で孵化してしまうことを念頭において、早めの対処を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>