HOME » お知らせ
お知らせ

【コラム】ブラジルのアマゾン、伐採面積が大幅に増加 

更新日 : 2019/12/16

ブラジルの熱帯雨林アマゾンで今年11月に伐採された森林の面積は、前年同月比104%増の563平方キロだったことが、ブラジル国立宇宙研究所(INPE)が14日に発表したデータで明らかになった。11月の伐採面積としては2015年以降で最も広かった。11月は雨期に当たり、通常は伐採のペースが落ちることを考えると相当な増加だと言える。

人工衛星を用いたリアルタイム監視システム「DETER」のデータによると、今年1~11月の伐採面積は、前年同期の4878.7平方キロの2倍近い8974.3平方キロだった。この期間は、アマゾンの豊かな資源を利用する上の制約を緩和してきたジャイル・ボルソナロ大統領が就任してから最初の11か月でもある。

先月下旬に公表された、人工衛星を用いたINPEの別の監視システム「PRODES」のデータによると、2018年8月からの12か月間のアマゾンの伐採面積は、その直前の12か月間の7033平方キロから43%増の1万100平方キロとなり、2008年以降で初めて1万平方キロを超えた。PRODESはDETERよりもデータの集計に時間がかかるが精度は高い。

英科学誌ネイチャーは13日、リカルド・ガルバン前INPE所長を今年最も重要な科学者10人の一人に選んだ。ガルバン氏は、森林伐採の状況を誇張しているとして今年8月にボルソナロ政権によって解任されていた。

 

 

 

 


知ってて役立つ「耳より情報」はコチラから!

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>