HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】トコジラミ(南京虫)に刺された!かゆみ止めに良いのは?

更新日 : 2020/1/8

害虫と呼ばれるトコジラミに刺されたら、強いかゆみに襲われます。
刺されてしまってもすぐに病院に行けなかったりすると、かゆみに耐えられないと思います。そんな時、市販の薬などで対応するときについて、どのようなかゆみ止めが良いのか、ご紹介していきます。


トコジラミに刺された時の特徴

明るい所が苦手なトコジラミ。そのため、ほぼ夜に活動しているので人は寝ている時に刺されています。移動しながら刺していくので、足に刺したりする様なまとまった所に刺すノミ・ダニとは少し違った刺され方をします。

複数個所が刺される

トコジラミの恐ろしい所は、移動しながら複数個所に刺していく事です。
基本は肌の上に刺しますが、たまに服の上から刺したり、服の隙間から侵入して体中刺したりしていくので、朝起きたら色々な場所にかゆみが生じます。

寝ている間に刺される

5~8mmの茶褐色の見た目をしたトコジラミですが、幼虫の頃は白いです。カメムシの仲間なので、空腹時は扁平な形になっています。幼虫・成虫関係なく人に刺すので夜寝ている間に刺して、吸血後はすみやかに元の場所へ帰っていくので見つける事が難しいです。


トコジラミに刺されたらかゆみが生じる?

トコジラミに刺されたら、あくまでも個人差がありますが大抵の人は強いかゆみに襲われます。
数時間後から2~3日経ってからかゆみが生じ、長くて2週間弱そのかゆみが続くことがあります。

かゆみや赤みなどが生じる

トコジラミに刺されてかゆみが起きる原因は、人に吸血している時に唾液を流しているので、トコジラミの唾液によるアレルギー反応によって強いかゆみが生じています。アレルギー反応なのでかゆみの強さ等には個人差があります。

かくことで皮膚が傷ついてしまう

寝ている間に刺されて、そのまま掻いてしまう事もあります。掻きすぎてしまうと、肌も荒れたり細菌によって傷口が化膿したりすることがあります。移動しながら複数個所刺されると、かゆみも倍増します。


効果のあるかゆみ止めは?

かゆみ止めの1つとして50度くらいのお湯につけると、かゆみを抑えられると言いますが、一時的な対処なのでやはり薬が一番効果的です。
塗り薬だけでは効かなかったりするので、効果のあると言われている薬をご紹介していきます。

かゆみ止めは市販でも販売されている

刺されてから症状が出て、症状が軽かったり、曜日などで皮膚科をすぐに受診できなかったりした場合には、市販の薬も売っています。
病院に行けない場合には、市販の薬などを利用して、かゆみに耐えられず掻きすぎて化膿させることや、他にも症状が悪化しないようにしましょう。

抗ヒスタミン剤やステロイド系の軟膏が効果的

蚊などに効く虫刺されなどの薬ではあまり効果が無いので、抗ヒスタミン剤やステロイド系の軟膏を使用が効果的です。
掻けば掻くほど悪化するので、出来るだけ掻かないようにしましょう。そのためには軟膏を塗る事がおすすめです。

一番は病院で医師の診断を受けること

ここまでで、色々な事を紹介してきましたが、1番早くすぐ効いて治るのは皮膚科に受診して薬を処方してもらう事です。
市販のお薬を購入しても全然効かなかったり、治らなかったりする可能性もあるので自分に合った薬をすぐ処方してもらうことがまず1番です。


まとめ

トコジラミの刺し方の特徴やかゆみについてご紹介しました。病院に受診する暇が無かったり、病院にいくまでに我慢できなかった場合には、抗ヒスタミン剤やステロイド系の軟膏を塗る事をおすすめしますが、症状が重かったりした場合は早めに皮膚科へ受診しましょう。

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>