HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】鳩の雛を自分で駆除するのはNG!業者に頼むべき理由とは?

更新日 : 2020/1/22

ベランダや屋根で鳩の雛が育ってしまった場合、早めの対策が必要です。しかし、鳩の雛や巣、卵などを自分で駆除することは法律で禁じられています。

本ページでは、鳩の雛を駆除する場合の注意点や対策方法をまとめました。鳩の駆除でお困りの方はぜひ参考にしてください。

 

 

 

鳩の雛を自分で駆除することは「鳥獣保護管理法」に違反します


鳩の雛を自分で駆除してはいけない理由は、鳥獣保護管理法に違反するためです。鳥獣保護管理法では、行政機関の許可なく鳩を駆除することが禁じられています。

鳩の雛を直接捕まえたり傷つけたりしない方法でも違法になるため、注意が必要です。行政の許可なく鳩の雛が孵る前の卵を撤去したり、鳩の巣を壊したりする行為も法律に違反します。

鳥獣保護管理法に違反した場合の刑罰は、懲役または罰金のいずれかです。罪の内容によって懲役の期間や罰金額は異なりますが、懲役期間は最長で1年以下、罰金額は最大で100万円以下となるため注意しましょう。

 

 

 

業者に依頼すれば安全かつ確実に鳩の雛や巣を駆除できる


鳩の雛や巣、卵を駆除したい場合は、専門業者への依頼をおすすめします。行政機関の認可を受けている駆除業者に頼めば、安全かつ確実に鳩の雛の駆除が可能です。

鳩を駆除して被害をなくすためには、鳩の巣の撤去だけでなく、フンの清掃や消毒、駆除後の鳩よけなどの作業も必要となります。

特に、人の住む場所に巣を作る習性があるドバトは、帰巣本能が強いです。一度巣を作った場所には繰り返し巣を作ろうとするため、再び戻ってきて雛を育てないように徹底した対策が求められます。

害獣駆除の専門業者に依頼すれば、鳩の雛の駆除だけでなく、その後の鳩よけ対策まで可能です。

 

 

 

鳩の雛を駆除せず放置すると被害が増えるため要注意!


鳩の雛が卵から孵ってしまうと、「巣立つまで待ってあげようかな?」と思うかもしれません。しかし、鳩の雛が巣立つまでには20日から30日ほどの期間がかかります。その間、鳩の巣を放置してしまうとフンによる衛生被害などが拡大してしまうため要注意です。

鳩の雛や卵を見つけると同情心から駆除しづらいかもしれませんが、被害を最小限に抑えるためにも早めに駆除業者に相談しましょう。

 

 

 

まとめ 鳩の雛の駆除は専門業者に依頼しましょう


鳩の雛の駆除は自分で行わず、専門の駆除業者に依頼することがおすすめです。鳩の雛や巣、卵を自分で移動させることは法律に反するためご注意ください。

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>