HOME » お知らせ
お知らせ

【コラム】「新型コロナウイルスは人類史上最凶、致死率15%」は誤り

更新日 : 2020/1/30

《【速報】中国と香港の最新発表、コロナウイルスの致死率は15% 感染率83%に更新した。このデータでは 人類史上最凶のウイルスです。 多分一週間後にWHOと厚生労働省が中国政府を追いかける更新します》
 
ネット上で拡散しているのは、1月26日の上記のツイートだ。
しかし、これは発生当初に武漢で入院した重症患者の致死率で、感染率についてもある家族の状況を調査したデータだ。現時点の致死率は3%程度とされており、「人類史上最凶」も含め、誤った情報だと言える。
 
なお、原因となっている新型コロナウイルスを予防できるワクチンや、治療できる薬は現段階では存在しない。
日常で可能な対策は、通常の感染症対策と同じく、手洗いやアルコール消毒が有効な手段だ。
厚労省も「過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要」と呼びかけている。
新型肺炎をめぐっては、「武漢から来た中国人観光客が、病院での検査前に逃走した」などというデマが拡散するなど、真偽不明の情報が多く溢れている。
 
過度な不安を煽るものも多い。パニックが広がりやすい状況だからこそ、情報の選定には冷静になる必要がある。

 

 

 

 

 




知ってて役立つ「耳より情報」はコチラから!

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>