HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】家の中や周囲に現れる小動物と駆除方法を紹介します

更新日 : 2020/2/3

「家やその周りが小動物に荒らされてしまった……」
「小動物を駆除したいけどやり方がわからない……」
家の周りに現れる小動物にお困りではないでしょうか? この記事では、家の中やその周囲に現れる代表的な小動物と、一般的な駆除方法について解説します。

 

 

 

 

家の中や周囲に現れる小動物は次の7種類

一般的に家の中や庭などに現れ、人に害を及ぼす小動物は、次の7種類です。

・ネズミ
・イタチ
・ハクビシン
・アライグマ
・モグラ
・コウモリ
・鳥類

 

 

 

 

小動物による被害とは

ネズミやイタチ、ハクビシンやアライグマなどは、スキマから家にあがりこんで、生ゴミや食べ物を食い荒らしたり、家を傷つけたり、糞尿で汚したりします。さらに、ダニやノミに加え、病原菌やウィルスなどを家中にばらまくことも。

また、モグラは庭や家庭菜園を荒らし、コウモリや鳥類は家の周囲や屋根裏などに巣をつくり、糞尿で敷地内を汚します。

これらほとんどの小動物は繁殖力も強く、放置していると家の中や周囲で子どもを産み増殖していきます。家や暮らしを守るためにも、そのような事態になる前に、しっかり駆除することが大事なのです。

 

 

 

 

小動物をどう駆除するのか

これら小動物は、どのように駆除すればいいのでしょうか。まず原則として理解しなければいけないことがあります。それは、これらの小動物は、基本的に鳥獣保護法により保護されていること。正当な手続きなく、勝手に捕まえて運搬したり、殺処分をしたりすることはできないのです。

ただし、ネズミの場合は例外です。ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類に限り、捕獲したり殺処分したりしても大丈夫とされています。

しかしそれ以外の小動物の捕獲や殺処分は禁止されています。そのため基本的な駆除方法としては、小動物に触らないようにしながら家から追い出し、家への侵入口を塞ぐ、ということになります。

家から追い出す上では、バルサンのようなくん煙剤をうまく使うと良いでしょう。小動物が嫌いなニオイのするスプレーをまき、家に近づけないようにすることも重要です。

また、生ゴミや人間の食べ物などを外に出しておかず、密閉しておくことも大切。小動物はそれらのエサをあさりに来るからです。小動物にとって住みにくい家を目指しましょう。

 

 

 
 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+


 

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>