HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】イタチ駆除で市役所や保健所など行政の許可が必要なケースを解説

更新日 : 2020/3/30

イタチによって家や事務所が被害を受けてしまった場合、できるだけ早く対策したいものです。しかし、イタチは害獣ではなく法律によって保護されている動物のため、捕獲や危害を加えることは禁止されています。
 
そこで本ページでは、イタチ駆除に行政の許可が必要なケースについてまとめました。イタチが出現して困っている方はぜひ参考にしてください。
 

 

 

 

イタチを捕獲して駆除する場合は行政の許可が必要

罠や仕掛け付きのカゴなどを使ってイタチを捕獲して駆除する場合は、行政による許可が必要です。イタチを許可なく捕まえたり、毒餌などを使って処分したりすることは、生態系のバランスを崩す行為として禁止されています。
 
行政の許可なくできるイタチ対策は、イタチを追い出したり、侵入経路をふさいだりすることだけです。ただし、イタチは一度棲みついた場所に戻ってきてしまうため、専門知識がない方が自力で対策することはおすすめできません。
 

 

 

 

イタチの駆除許可申請は「地方環境事務所」や市区町村の役所でできる

イタチを捕獲して駆除するための申請は、環境省の「地方環境事務所」や、お住まいの市区町村の役所で手続きができます。地域によって申請できる窓口が異なるため、イタチの駆除許可申請をしたい方は市役所や保健所に相談しましょう。
 
イタチの駆除許可申請と同時に、イタチを捕まえるための捕獲器を貸出している自治体もあります。
 
なお、イタチの駆除許可申請を受けて実際にイタチを捕獲した後は、民家から離れた山中などに逃がす「放獣」という作業が必要です。捕獲や放獣にあたって、不明な点があれば役所や保健所に相談してください。
 

 

 

 

イタチ駆除の作業を市役所や保健所に頼むことはできない

市区町村の役所や保健所では、イタチ駆除の作業を代行してもらうことはできません。そのため、イタチを駆除する許可が得られたとしても、捕獲作業は自分で行う必要があります。
 
イタチは肉食のため体臭やフンの臭いが強く、さらに攻撃的な性格です。知識や経験のない人がイタチを駆除する際には、悪臭や怪我などのリスクに十分注意しましょう。
 
なお、行政の認可を得ているイタチ専門の駆除業者なら、迅速かつ確実にイタチの被害を抑えられます。安全にイタチを駆除したい場合は、専門業者への依頼がおすすめです。
 

 

 

 

まとめ イタチ駆除は行政の許可を得るか、専門業者に依頼しましょう

本ページでは、イタチ駆除で役所や保健所、行政の許可が必要なケースについて解説しました。イタチの捕獲や殺傷は鳥獣保護法で禁止されているため、自分で捕獲する場合は行政機関の許可が必要です。
 
自力でイタチを駆除することが難しい場合は、イタチ駆除の専門業者に相談してみましょう。
 

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>