HOME » お知らせ
お知らせ

シロアリ駆除時の匂いは有害?匂いの原因や対策法を解説【知っ得】

更新日 : 2020/6/8

シロアリの駆除や予防がはじめての場合、匂いがするかどうか、健康に悪影響はないかなど、心配な点も多いことでしょう。

そこで、このページでは、シロアリ駆除で発生する可能性がある匂いについて、原因や対策法を解説します。

 

 

 

 

シロアリ駆除時はどんな匂い?薬剤の種類や使用量による違い


シロアリ駆除の作業では、散布する薬剤によって匂いの強さが異なります。シロアリ駆除の薬剤には様々な種類があり、揮発性の高い成分が入っていると刺激臭が強くなる傾向です。

低臭性の薬剤や、薬剤の散布ではなくエサのようなタイプの駆除剤を設置する「ベイト工法」などでは、匂いは気になりません。

ただし、自分で薬剤を使う場合などで、使用量を間違えてしまうと、匂いが強くなるリスクがあります。シロアリ駆除を行う面積に対して多すぎる薬剤を使った場合、空気中に漂う揮発成分の濃度が高くなるため危険です。

また、建物の構造によって、床下の空気が循環して室内に入ってきてしまうケースもあります。その場合、床下のカビやほこりの匂いが上がってきてしまうこともあるため、換気のシステムを事前に確認することが大切です。

 

 

 

 

匂いが強すぎる場合は健康被害のリスクもあるため要注意


シロアリ駆除作業後に匂いが強く残ってしまう場合、健康被害につながるリスクがあります。特に、化学物質に敏感な体質の方や、小さなお子様が居る家庭はご注意ください。

また、シロアリ駆除を行った自分の家だけでなく、近隣に与える影響にも要注意です。揮発性成分を多く含む薬剤を大量に散布した場合、周囲の家から悪臭の苦情を受けるかも知れません。

 

 

 

 

シロアリ駆除で匂いを残さないための対策法


シロアリ駆除で匂いによる被害を防ぐためには、以下の対策法が有効です。

・安全な薬剤を適切な量を守って使う
・駆除作業中や作業後に十分な換気を行う
・業者に依頼する場合、アフターサービスを確認する

シロアリ駆除を自分で行う場合、安全性の高い薬剤を適切な分量で散布しましょう。また、駆除作業中や作業後に、部屋の換気を十分に行うことがポイントです。

シロアリ駆除業者に作業を依頼する場合は、匂いが残らないかどうか事前に確認することをおすすめします。また、万が一強い匂いが残ってしまった場合に、アフターサービスが受けられるかどうかも確認しておくと安心です。

 

 

 

 

まとめ シロアリ駆除を適切に行えば匂いの心配なし


シロアリ駆除の薬剤は安全性に配慮して作られているため、適切に使用すれば匂いの心配はありません。

特に、専門業者に依頼すれば、シロアリの種類や被害状況に合わせた駆除が可能です。薬剤の匂いや健康被害が気になる方は、シロアリ駆除業者に相談することをおすすめします。

 

 

 

 

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>