HOME » お知らせ
お知らせ

トコジラミ(南京虫)の卵ってどんな大きさ? どんな形?【知っ得】

更新日 : 2020/8/7

家の掃除をしている時に、何かの卵を見つけたことはありませんか? ひょっとしたらその卵は、トコジラミ(南京虫)の卵かもしれません。トコジラミは繁殖力が強いので、卵を見つけたらしっかり駆除したいものです。 そこで今回は、トコジラミの卵の見分け方や駆除の方法について解説します!

 

 

 

 

トコジラミ(南京虫)の卵は「小さい米粒」のような形


トコジラミの卵は、次のような特徴があります。

 

 

 

 

  • 形は楕円形
  • 白色で半透明色
  • 光沢がある
  • 大きさは1mm程度

大きさは異なりますが色や形は、炊く前の白米にも似ています。白米の大きさは概ね5mm程度。つまりトコジラミの卵の大きさは白米の粒の1/5ほどです。 家を掃除している時に小さいお米粒のようなものを見つけたら、それはトコジラミの卵かもしれませんよ。

 

 

 

 

トコジラミ(南京虫)の卵が見つかる場所は「室内のスキマ」周辺


トコジラミの卵はどのような場所で見つかるのでしょうか。 トコジラミの卵は、成虫が潜む場所の近くで見つかります。具体的には、ベッドの周辺、カーペットの下、畳と畳の間などです。卵を見つけるには、家の中の「スキマ」を探すと良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤茶色のふんと一緒に発見できる


トコジラミの卵は小さいので少々見つけづらいかもしれません。何かほかに目印となるものはないのでしょうか。 トコジラミの卵の周辺には、赤茶色のふんが一緒にあることが多いです。卵だけではなく、赤茶色の粒やシミのようなものを探すと見つけやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

1匹のトコジラミは数千個の卵を産む


トコジラミやその卵を見つけたら、一刻も早く駆除しましょう。 トコジラミのメスは1年間で200回から500回ほどの産卵をし、1回で5~6個の卵を産みます。つまり、1匹のメスから数千匹の子どもを産むことになるのです。見つけたら放置せず、しっかり駆除することをオススメします。

 

 

 

 

 

 

見つけたら強い掃除機で吸う


トコジラミの卵を駆除するにはどうしたらいいのでしょうか。 一般家庭でもやりやすい方法としては、卵を掃除機で吸い込み除去する手段があります。 この時に重要なのは、かなり強い力で吸引すること。トコジラミが棲息しやすいのは、毛布やふとん、畳やカーペットなどの繊維が絡みやすい場所です。そのため除去しにくい場合があります。卵を吸い込めたか、掃除機をかけた後にはしっかり確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>