HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】スズメバチの巣は再利用されないって本当?

更新日 : 2019/6/5

家に作られてしまったスズメバチの巣は、冬を越した場合、駆除しなくてもいいと言う噂は本当でしょうか。
今回は、スズメバチの巣が再利用されないと言う事は本当かどうかをご紹介していきたいと思います。

スズメバチの巣は1年で終わり?
アシナガバチやスズメバチの一生は、1年で終わりと言うことを聞いた事はあるでしょうか。
スズメバチは基本的に冬を越す事はなく、1年が一生になっています。
しかし、スズメバチの中でも女王蜂だけは、冬を越し、次の巣作りを春から始めます。
このことから、スズメバチの巣も1年で利用されなくなると考えられていますが、本当はどうなのでしょうか。
答えとしては、スズメバチの巣は1年で利用されなくなると言うのが正解です。
スズメバチは、同じ巣をそのまま使うと言う事はなく、新しい女王蜂は、翌年の春から、新しい次の巣作りに励みます。

スズメバチの巣は再利用されることもある
しかし、同じスズメバチがその巣を使わなくても、他のスズメバチがその巣を利用すると言う事は考えられます。
スズメバチの巣は、利用していたスズメバチは再利用する事はありませんが、他のスズメバチがその巣を利用するという事例があります。
別のスズメバチが巣を利用することがあると言う事は、巣をそのままにしていては再利用される危険性があると言うことです。

スズメバチの巣を狙うスズメバチがいる
また、蜂の巣を狙うスズメバチがいることも理解しておくと良いでしょう。
スズメバチの巣ではなく、アシナガバチの巣をスズメバチが狙うと言うこともあります。
一見スズメバチの巣か、アシナガバチの巣か、素人目ではわからないところがありますが、アシナガバチの巣をスズメバチが狙って、蜂の子を取るなどの行為に及ぶことがあります。
また、チャイロスズメバチなどのように、キイロスズメバチやモンスズメバチの巣を狙い、乗っ取るというスズメバチも存在します。

スズメバチの巣は冬になったら駆除はしなくて良いの?
スズメバチの巣は、冬になったら駆除しなくても良いのでしょうか。
いえ、スズメバチの巣は、冬になったとしても駆除するべきでしょう。
巣ができてしまった家の家主の中には、巣を縁起物として玄関に飾る方もいると思いますが、一般的には冬を起こしたとしても巣を駆除しておくことが望ましいといえます。
その理由としては、スズメバチの巣を他のスズメバチの女王蜂が利用して、そこに住みつくと言うことが考えられるからです。
近所にスズメバチなどが巣をつくると、その種類がキイロスズメバチやオオスズメバチなどの凶暴なハチだった場合には、刺されると死亡事故にも繋がる可能性がありますので、活動が活発化する時期の前に、駆除してもらうと良いでしょう。


 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>