ねずみ駆除

関西エリアで地元密着 実績50年以上

経験豊富なスタッフが駆けつけます!
日本ペストコントロール協会正会員

ねずみ

こんなお悩みに

  • ねずみが天井裏でうるさい!
  • 家の中でねずみを発見した
  • ねずみが出ないよう、定期的に予防したい

一番のポイントは「エサ・隠れ家・進入路」を断つこと

1.ねずみ駆除は、まず生息環境をシャットアウト!

いったん駆除してもまた増えてしまうのが、ねずみの怖さ。 それを防ぐには、最初の段階で進入路や生息状況などをしっかり調査することが大切です。

2.駆除するときは、安全かつ確実に

駆除方法は、毒エサやねずみ捕りカゴなど数日かかるため、人間の生活に悪影響をおよぼさないよう注意が必要です。

3.ねずみが媒介する、菌や寄生虫にも要注意

1匹のねずみが菌類を運搬する能力は、ゴキブリなどの百倍以上。イエダニや病原体、寄生虫を媒介するためしっかりと駆除しておきましょう。

ねずみの被害と駆除方法

ねずみの種類

経験豊富なスタッフが駆けつけ、しっかり駆除します。

駆除している写真

その他の対応エリア

対応エリア

大阪府

大阪市
旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区

堺市
堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区

池田市、吹田市、豊中市、茨木市、高槻市、東大阪市、枚方市、寝屋川市、八尾市、岸和田市、摂津市、島本町、箕面市、豊能郡、豊能町、能勢町、守口市、大東市、門真市、四條畷市、交野市、柏原市、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、貝塚市、和泉市、泉大津市、泉佐野市、泉南市、阪南市、高石市

兵庫県

神戸市
東灘区、灘区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区、北区、中央区、西区

川西市、宝塚市、伊丹市、西宮市、芦屋市、尼崎市、猪名川町、三田市、明石市、丹波篠山市、丹波市、三木市

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市

京都府

京都市
上京区、下京区、左京区、中京区、東山区、右京区、伏見区、北区、南区、山科区、西京区、

宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町、向日市、長岡京市、大山崎町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市

和歌山県

和歌山市周辺

料金の目安

建物や部屋の大きさ、厨房・食堂あり/なし、などによって費用が変動します。
現在の状況をお聞かせください。

防除定期作業

16,500円(税込)/回~

スタッフ1~2名 定期作業期間は、1ヵ月ごと、3ヵ月ごと、6ヵ月ごと、1年ごとより選択可能です。 施工内容:ねずみの移動経路に毒エサ設置 トラップ設置管理 侵入口の閉鎖工事 消毒作業(必要に応じて)

侵入口閉鎖工事

13,200円(税込)~

スタッフ1~2名

お見積りご参考

例1:防除定期作業の場合(飲食店1F天井内)

  • 1ヵ月定期
  • スタッフ1~2名で駆除
  • 毒エサの設置・トラップの設置

22,000円(税込)

お問い合わせ時のチェックポイント

  • 被害状況は?
  • 建物の種類は?
  • 作業範囲は?

日本ペストコントロール協会正会員

安心しておまかせください。

トータルクリーンは、関西の地域密着で実績50年以上。
適正な価格でしっかりと退治します。

お気軽にご相談ください

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)
関西エリア(大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山市周辺)対応

対応エリア

サービスの流れ

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

    まずは状況をお聞かせください。
    ご相談だけでもOK

  • お見積り+現地調査

    お見積り+現地調査

    現地調査が必要な場合があります。
  • 駆除作業

    駆除作業

    経験豊かなプロが急行。ていねいに駆除します。

  • ご精算

    ご精算

    作業完了後に、お支払いいただきます。
    後日振り込みも可能です。
    お支払い方法:現金、PayPay、銀行振込

Q&A

Q.依頼したら、すぐに来てもらえますか?

はい、最短で当日の夕方に駆けつけます。
すでに予約が入っている場合は、お客様のご予定に合わせて後日お伺いする場合もございます。

サービスの流れ

Q.見積もりは無料ですか?

はい、お見積りまでは無料です。
まずはお電話でお聞きして、すぐにお見積り可能な場合は料金をお伝えします。
現地調査が必要な場合は、調査後に無料でお見積りいたします。
ご了承いただければ駆除スタッフがおうかがいします。

Q.ねずみを駆除したあと、また同じ場所に発生しますか?

通常は発生しませんが、その後の生活環境により発生することもあります。
たとえば、家の周辺を野良ネコが徘徊している、掃除をあまりしないなど。日頃からねずみが生息しやすい環境をつくらないことが重要です。

お客さまの声

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code

ねずみの被害とは?

かじられる被害

食品以外にも壁や天井板、電線もかじります。

音の被害

夜間、天井裏や壁内をうるさく走り回りまわります。

糞尿の被害

エサ場近くの決まった場所にたくさんフンをします。

不潔な菌の運搬者

1匹のネズミが菌類を運搬する能力は、ゴキブリなどの百倍以上と言われています。

イエダニの発生

ドブネズミの多くは、頭部にイエダニが寄生しています。

ねずみは門歯が一生伸び続けるため、つねに堅い物をかじる習性があります。
そのため、食べ物だけでなく建材や家具、電気や電話の配線までかじることも。かじられた配線がショートして、しばしば火災の原因となることもあります。
また、イエダニや病原体、寄生虫を媒介するため、代表的な病気としては中世ヨーロッパで当時の人口の1/3もの命を奪ったペスト、その他にもサルモネラ症、鼠咬症、ワイル病などがあります

ねずみの防除・駆除方法

防除のポイントは、以下の3つの方法を併用しながら進めることです。

  • 環境的 防除対策(食餌の管理・通路の遮断)
  • 物理的 防除対策(捕鼡器・粘着トラップ・防鼡資材の使用)
  • 化学的 防除対策(殺鼡剤・忌避剤の使用)

そのなかでも、お客様に心がけていただくことが大切なのは、「環境的 防除対策」。これを徹底しなければ、いくら駆除してもその後も被害が増えてしまいます。
それをご理解いただいたうえで、駆除対策にあたる「物理的・化学的 防除対策」を弊社が徹底しておこない、環境的 防除対策についてもアドバイスいたします。

ねずみの環境的 防除対策

1.エサを与えない

これが一番重要です。とくに夜間は、屋内外の食品やゴミ箱をきちんと片付け、ねずみにエサを与えない注意が必要です。ペットのエサも夜間はきちんと収納しましょう。

2.隠れ家を作らせない

ねずみは掃除の行き届かない場所を選び、包装紙などをかみ砕いて巣を作ります。屋内だけでなく屋外の整理整頓も心がけ、不要なゴミ類はすぐに捨てましょう。

3.侵入路をふさぐ

内外装に隙間やねずみのかじり穴があればトタン板などでふさぎます。浴室の排水口に目皿がない場合には設置し、住宅の基礎部分にある通風口には金網などを取りつけます。

駆除対策

1.毒エサ(殺鼡剤・忌避剤)を配置する(化学的 防除対策)

毒エサを用法・用量にしたがって出没場所に配置します。小児やペットがいる場合には、配置場所に十分注意し、周りに他の食品がないようにします。効果はゆっくり現れるため、数日間はつづけて配置します。

2.捕獲する(物理的 防除対策)

ねずみ捕りカゴ、ねずみ用粘着シート、圧殺式捕鼠器などを出没場所に配置します。壁ぎわにそって配置することが効果的です。

ねずみの種類

日本におけるねずみは、ネズミ亜科とハタネズミ亜科に分類でき、 種および亜種・変種を合わせると10属27種。
そのほとんどが農耕地や山林などの野外で生活している一方、 家屋やその周辺に住みついている住家性ネズミはドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種です。
この3種も本来は野外で生活していましたが、いつの間にか人間と生活するようになり、 大きな繁栄を得ることになりました。

ドブネズミ

ドブネズミ

体長
成獣の頭胴長は220~260mm、尾長175~220mm。体重は300gほど。
特徴
日本全土に分布し、一般住宅やビル内で優占種として生息している。 住家性ネズミの中で最も大きく、かつ肥満型。性格は獰猛(どうもう)で雑食性であり、泳ぎが得意である。
防除対策備考
トイレや浴室から侵入することもある。あまり高いところからの侵入はなく、床下や台所の排水周りからの侵入が多い。
下水溝内から顔を出したり、近所のゴミ集積場や犬小屋の周りの地面に穴を開けて生活していることもある。殺鼠剤には非常に弱く、トラップにもよくかかるが、体が大きいので一枚では捕獲が難しいことも多い。
防除有効器具
  • 粘着シート
  • 殺鼠剤
  • 侵入防止剤

クマネズミ

クマネズミ

体長
成獣の頭胴長は180~253mm、尾長171~258mm。体重は200gほど。
特徴
住家性ネズミのなかで中型かつ、やや痩せ型の種類。本来は屋外性だが、近年はビルなど高層建築物に広く分布するようになってきた。主に天井裏や壁の中に生活し、高所移動が得意である。
防除対策備考
殺鼠剤には強く、何日か連続で食べさせる必要がある。粘着トラップも警戒心が強いため、捕獲まで何日もかかることがある。殺鼠剤・粘着トラップのほか、侵入口を見つけて埋め戻す、エサ(食物)の管理、整理整頓など複合した対策が必要。
近年、ワルファリン(抗血液凝固性殺鼠剤)抵抗性そのものが出現している。
防除有効器具
  • 粘着シート
  • 殺鼠剤
  • 忌避剤
  • 侵入防止剤

ハツカネズミ

ハツカネズミ

体長
成獣の頭胴長は58~103mm、尾長48~102mm。体重は20gほど。
特徴
住家性ネズミのなかで最も小型な種。半住家性で、近郊住宅などは秋になると家の中へ侵入し住みつくことが多くある。最近はビルの中でも見かけるようになってきた。
小型であるため少量のエサで生活でき、行動範囲も小さく、人目につきにくいネズミ。電線なども容易にわたることがあり、立体的な活動が得意。
防除対策備考
体が小さく、10mm程度の隙間からでも侵入可能。クマネズミのようにあまり立体的に動くことはなく、平面的な活動が多い。
もともと農村環境に多い種で、農作物の被害や貯蔵穀物の食害が多い。殺鼠剤をよく食べるが、若干中毒までの時間がかかることもある。粘着トラップでもよく捕獲される。
防除有効器具
  • 粘着シート
  • 侵入防止剤

他の害虫・害獣駆除サービス