害虫駆除コラム

ゴキブリの侵入を予防するには?ゴキブリ駆除の専門家が解説します!【知っ得】

2021年9月15日

「ゴキブリの侵入を防ぎたいけれど、どうしたら良いかわからない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、ゴキブリの侵入を防ぎたいとお考えの方に向けて、ゴキブリの侵入を予防できるグッズと、日頃からできるゴキブリ対策をご紹介します。

 

ゴキブリの侵入を予防できるグッズをご紹介!

ここでは、ゴキブリの侵入を予防できるグッズをタイプ別にご紹介します。

1つ目は、毒えさ設置タイプです。
ゴキブリを徹底的に駆除するには、このタイプが効果的です。
ゴキブリが好きな匂いでおびき寄せ、殺虫成分入りの餌を食べさせることで駆除するグッズです。

2つ目は、捕獲設置タイプです。
シートの粘着力を活用して捕獲するタイプです。
ゴキブリの通り道などに置き、おいしそうな匂いでおびき寄せ、そのままシートにくっついて動けなくするものです。

3つ目は、忌避剤設置タイプです。
このタイプは、ハッカ油などのゴキブリが苦手な成分を使い、ゴキブリが近づいてくるのを防ぎます。
殺虫効果はありませんが、予防としての効果が期待できるでしょう。

4つ目は、煙タイプです。
煙タイプは強い噴射力を持っているので、一軒家などで使うのがおすすめです。
使用する際には火が出るので、安全を確保した上で使うようにしましょう。

 

日頃からできるゴキブリ対策をご紹介!

ここからは、日頃からできるゴキブリ対策をご紹介します。

食べ残しや食品を放置しない

食品や汚れた食器をそのまま夜まで放置しておくと、ゴキブリの格好の餌となります。
ゴキブリがウロウロすることで、病原菌が付着して食中毒を起こすリスクもあります。

物陰の掃除をする

皆さんは、物陰の掃除を小まめに行っていますか。
冷蔵庫の裏や、コンロの下など、ゴキブリが潜んでいそうな場所にゴミや調理くずなどがあるとゴキブリの餌になってしまうので、注意しましょう。

不衛生なものはすぐに処分する

不衛生なものとしては、生ゴミや排水口の汚れなどが挙げられます。
これらを放置しておくと、ゴキブリが病原体を運んでくる恐れがあります。
台所だけでなく、洗面所、トイレなども小まめに掃除をして、清潔な状態を維持しましょう。

 

まとめ

今回の記事では、ゴキブリ駆除の専門家が、ゴキブリの侵入を予防するためのグッズと、日頃からできるゴキブリ対策についてご紹介しました。
苦手なゴキブリに遭遇しないためにも、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
ゴキブリ駆除をご検討中の方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code