害虫駆除コラム

飲食店ができる最低限のゴキブリの対策とは?

2022年7月25日

飲食店のゴキブリ対策は、営業上必須といっても過言ではありません。
料理やサービスのクオリティがどんなに高く宣伝に力を入れたとしても、フロアにゴキブリが出たら全てが台無しです。
そこで今回は、飲食店ならではのゴキブリ対策を紹介します!

食材や食べ残しは密閉。特に玉ねぎに注意

たまねぎ
基本的なゴキブリ対策は「ゴキブリにとってすみにくい店にすること」です。
まず、おこなうべきことは、ゴキブリが食べるものを減らすこと。
食材や食べ残しは密閉できる容器に入れ、ゴキブリが食べられないようにしましょう。
また、ゴキブリは特に玉ねぎが好きで、ニオイにつられて集まってくることもあります。
そのため、玉ねぎは外に出しっぱなしにしないことが重要です。

不要なダンボールはすぐに捨てる

ゴキブリにとっての食べものを減らしたら、今度はゴキブリのすみかを減らしましょう。
食材の入荷時にはダンボールが扱われますが、段ボールはできるだけ店内からを減らすことです。
段ボールはゴキブリにとって絶好の隠れ家。
ダンボールの中や積み重ねたスキマは、ゴキブリが棲息しやすい環境なんです。
また、段ボールはゴキブリにとって、絶好の産卵場所になります。
つい手間を惜しんでダンボールを溜めていると、ゴキブリの温床になってしまうので、こまめに処分しましょう。

建物や収納庫にも注意を

建物や収納庫にスキマが多かったり、網戸が破れていたりすると、ゴキブリが外から侵入してしまいます。
具体的には以下のような経路がありますので、お店の中や外を注意深く点検してみましょう。

  • 口換気扇
  • 排水路、および排水路と床のスキマ
  • 壁の亀裂や穴

エアコンのドレンホース

壁の亀裂や穴、排水路と床のスキマなどが見つかったら、パテなどでしっかりふさいでください。
また、換気扇やエアコン(室外機など)のドレンホースには害虫侵入を防ぐ対策のカバーをし、網戸の穴も補修しましょう。

駆除しきれない場合は業者に依頼しましょう

今回は飲食店向けのゴキブリ対策について解説しました。
どうしても駆除しきれない場合や、対策をしてもゴキブリが発生してしまう場合には、プロの業者に依頼することをオススメします。
ゴキブリを徹底駆除するためには、プロとしての経験や知識、ノウハウが必要です。
一度きりではない定期的な駆除・防除の相談にも乗ってくれますよ。
弊社でもご依頼いただいたお客様から、「ゴキブリに遭遇し不快な気分になることがなくなった」という喜びのお声をいただきます。
ゴキブリにお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事を監修した専門家
害獣・害虫・害鳥のスペシャリスト
角野 顕司
株式会社トータルクリーン
【保有資格】
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール1級技術者
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール技能士
  • ペストコントロール従事者
  • わな猟狩猟免状
  • 毒物劇物取扱責任者資格
【得意なジャンル】

ウイルス関係の消毒・ゴキブリ駆除・ネズミ駆除などの害獣、害虫駆除

【担当者コメント】

業界経験21年、作業実績6,000件以上。豊富な知識と経験で、柔軟に対応致します。害虫、害獣、害鳥ならどんなお悩みもお任せください。

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code