害虫駆除コラム

蜂の巣の予防方法とは?駆除の専門業者が詳しく解説します!【知っ得】

2021年8月2日

「家に蜂の巣ができて困っている」
「蜂の巣作りを予防したいけど方法がわからない」
このような悩みを持たれている皆様に朗報があります。
当社はお客様に蜂を駆除するサービスを提供しております。
今回はお悩みの皆様に、蜂の巣作りに関する予防知識と具体的な予防方法をご紹介します。

 

予防を始めるタイミングについてご紹介します!

アシナガバチとスズメバチは、毎年春頃から巣作りを始めるので、そのタイミングに合わせて4~5月頃から予防を始めるのが良いです。
女王蜂は、巣作りの場所探しを4月頃から始めるので、見かけた場合は予防時期として最適のタイミングだと捉えてください。

 

具体的な予防方法をご紹介します!

大きく分けて3種類の方法をご紹介します。

1つ目が、蜂の嫌がる薬剤を使用する方法です。
蜂が何度も巣作りを行う理由として、巣を作りやすい環境になっているということが挙げられます。
そのような場所に木酢液や殺虫剤を置くことで、蜂を寄り付かない環境が作れます。
殺虫剤スプレーは、予防効果のあるものを使用してください。
スプレーはおよそ2週間効果が持続するので、定期的にスプレーしてください。
併せて、1カ所当たり10秒程度噴射し、濡れるまで吹きかけることを意識してください。
木酢液は純正のものを選んでください。
水で1対1に薄めた上で、木酢液をペットボトルの中に入れ、巣を作られやすい場所につるすと効果的です。
殺虫剤も木酢液も雨が降ると効果が弱まるため、改めて吹きかけたり設置し直すようにしてください。

2つ目が、女王蜂を捕まえる方法です。
蜂トラップという、誘引液の匂いにつられて来た蜂をトラップに閉じ込め捕獲してくれるアイテムを使いましょう。
女王蜂を捕まえることで、その後の巣作りを食い止められます。
注意点として、蜂の巣作りが始まる4月以降はトラップを使わないようにしてください。蜂の活動が活発になるにつれて、多くの働き蜂がトラップに寄ってきます。怪我をする危険性が高まるので注意してください。

3つ目が、巣作りを物理的にブロックする方法です。
網の目が1cm程の防虫ネットを設置することで、蜂の侵入を物理的にブロックできます。他にもダミーの巣を作ることで、巣作りを防ぐ方法もあります。
ダミーの巣に関しては、効果があったとの声が多いものの、生物学的に効果があると解明されている方法ではありません。
しかしながら手軽に予防できる方法なので、試してみることをお勧めします。

 

まとめ

ここまで、蜂の巣作りを予防する方法についてお悩みの方に向けて、予防知識と予防方法をご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
簡単に予防できる方法もたくさんあるので、ぜひ今回の記事を参考に巣作りの予防を行ってみて下さい。

 

 

クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code