害虫駆除コラム

屋根裏にある蜂の巣は駆除しづらい!巣を作られないためにできること【知っ得】

2021年8月13日

蜂の巣が屋根裏にあると、駆除するのは難しいです。
自分で駆除するのは大変危険なので、屋根裏に蜂の巣を見つけたらすぐにプロに依頼する必要があります。
では、屋根裏はなぜ特別駆除が難しいのでしょうか。
また、屋根裏に蜂の巣を作られないためにはどうしたら良いのでしょうか。
今回は、屋根裏の蜂の巣の駆除が難しい理由と、巣を作られないための対策を紹介します。

 

屋根裏にある蜂の巣駆除が難しい理由とは?

屋根裏の蜂の巣の駆除は、素人にはもちろんプロにとっても難しい作業になります。
屋根裏は自宅の内部と繋がっているので、蜂が部屋に入ってくる可能性がありますので、存在に気づいたらすぐにプロに依頼しいましょう。
ここでは、屋根裏にある蜂の巣駆除が難しい理由を3つ紹介します。

1つ目 蜂の中でもスズメバチである可能性があるから

蜂にもさまざまな種類が存在しますが、屋根裏に巣をつくる特性があるのはスズメバチかミツバチです。
スズメバチは毒性や攻撃性が非常に強いため、駆除を慎重に行う必要があります。

2つ目 屋外と異なり状態を確認しづらいから

屋根裏は閉鎖的で暗いです。
そのため、巣の状態が確認しづらく難しいです。

3つ目 屋根裏の構造上の問題で、作業に危険を伴うことがあるから

蜂の巣を駆除する際は、駆除剤が必要になります。
屋根裏は屋外と異なり駆除剤が充満しやすいので、作業中に吸い込む危険があります。
そのため、屋外に比べ駆除の危険性が非常に高いです。

 

屋根裏に蜂の巣を作られないためにできること

まず、屋根裏に続く通気口を蜂が通れないように塞ぐことで予防できます。
通気口は空気の入れ替えをするために存在しますが、網目を細かくすることで空気が通れるが蜂は通れないようにできます。
また、蜂が苦手な殺虫剤を撒いておく、蜂が好む甘い匂いがしないようにするのも予防につながります。
殺虫剤の代わりに、ハッカ油や木酢液でも効果的です。
そして、ダミーの蜂の巣を置いておくことで、蜂はすでに巣があると認識して同じ位置に巣を作らなくなります。
このように、蜂が屋根裏に巣を作るのを未然に防ぐ対策はご自身で行うようにしましょう。

 

まとめ

今回は、屋根裏の蜂の巣の駆除がなぜ難しいのかと、蜂の巣対策として行うべきことを紹介しました。
屋根裏の蜂の巣駆除が難しい理由として、屋外と異なり状態を確認しづらいことが挙げられます。
また、屋根裏の構造上の問題で、作業に危険を伴うこともあります。
屋根裏の蜂の巣の駆除は絶対にご自身で行わず、プロに依頼するようにしましょう。
お困りの方は、当社までお問い合わせください。
 

クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code