害虫駆除コラム

土に住むハチの駆除方法は?地面に巣穴を作るクロスズメバチの対処法

2022年7月26日

庭などで、土に巣を作っているハチを見つけると、刺されないか心配になるかもしれません。
一般的に、ハチは木や壁面などに巣を作りますが、一部のハチは土に穴を掘って巣を作ります。
こちらの記事では、土に住むハチの特徴や、駆除の必要性、駆除方法について解説しました。
地面に近い場所でハチを見つけてお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

土や地面にハチがいる場合、地蜂(クロスズメバチ)の可能性が高い

クロスズメバチ
土や地面に巣穴を作り、低い場所を飛行しているハチは、クロスズメバチである可能性が高いです。
クロスズメバチは地蜂とも呼ばれるスズメバチの仲間です。
クロスズメバチの体長は最大で1.8センチメートルほどで、体は黒っぽい色をしています。
6月ごろから巣作りを始め、12月ごろまで活動を続けることが、クロスズメバチの特徴です。
クロスズメバチに似た種類として、シダクロスズメバチという地蜂もいます。
見た目が少し異なりますが、基本的な習性は同じです。

土に住むハチは攻撃性が低いが、駆除時は注意が必要

土に住むクロスズメバチは、丸型の巣を作る一般的なスズメバチと比較して、攻撃性は低いです。
クロスズメバチはスズメバチの仲間の中でも最も体が小さく、こちらから刺激しない限りは襲われる心配はありません。
ただし、針や毒は持っているため、安易に近づかないようにしましょう。
家の近くに土蜂が住みつき危険を感じる場合は、殺虫剤の使用や巣穴を壊すことによって駆除が可能です。
自力で駆除する場合は、ハチ専用の駆除用品や防護服を用意した上で、安全に作業を行いましょう。
自力での駆除が難しい場合や、巣穴を壊しても戻ってきてしまう場合などは、ハチ駆除の専門業者に依頼することがおすすめです。

山林の土にはオオスズメバチがいることもあり危険

山林の土中には、クロスズメバチではなくオオスズメバチが巣を作っている場合があります。
オオスズメバチは攻撃性の高いスズメバチで、ターゲットを集団で襲うため危険です。
もし、地面近くにいるハチの体長が2センチメートルよりも大きく、体の色が黄色っぽい場合は、オオスズメバチかもしれません。
山林などでオオスズメバチらしきハチを見つけた場合は、刺されないよう注意して速やかに逃げましょう。

まとめ 土に住むハチの駆除は業者への依頼もご検討ください

土に住むハチはクロスズメバチの仲間であることが多いです。
クロスズメバチは比較的おとなしい種類のため襲われる可能性は低いですが、刺されることもあるため注意しましょう。
庭に巣を作ってしまった土蜂を安全に駆除したい場合は、業者の利用がおすすめです。
弊社では無料お見積もりも承っていますので、お気軽にご相談ください。

この記事を監修した専門家
害獣・害虫・害鳥のスペシャリスト
角野 顕司
株式会社トータルクリーン
【保有資格】
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール1級技術者
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール技能士
  • ペストコントロール従事者
  • わな猟狩猟免状
  • 毒物劇物取扱責任者資格
得意なジャンル】

ウイルス関係の消毒・ゴキブリ駆除・ネズミ駆除などの害獣、害虫駆除

【担当者コメント】

業界経験21年、作業実績6,000件以上。豊富な知識と経験で、柔軟に対応致します。害虫、害獣、害鳥ならどんなお悩みもお任せください。

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code