消毒殺菌・除菌施工の事例集

消毒殺菌・除菌施工のサービス詳細

駆除処理:2022年1月21日

【予防】神戸市・事務所の新型コロナウイルス消毒除菌作業の事例

駆除処理前の状態

<新型コロナウイルス予防の消毒除菌に関する相談内容>

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、念の為にと事務所や休憩場の消毒除菌のご依頼をいただきました。

<新型コロナウイルス予防の消毒除菌の事前調査内容>

感染者が出たわけではなく、予防の為に消毒除菌をして欲しいとのことです。

<新型コロナウイルス予防の消毒除菌前の状態>

事務所内や休憩場には、様々な菌が付着していると思われます。

<新型コロナウイルス予防の消毒除菌の施工内容>

事務所内のデスクまわりを中心的に、休憩場やトイレ、自動販売機等をアルコールで拭き上げて消毒致しました。床面は次亜塩素酸ナトリウムの希釈液をポンプで散布致しました。事務所内ではお仕事をされていらっしゃいますので、お邪魔にならないよう作業させていただきました。

駆除処理後の詳細

【施工ポイント】

「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は、名前が似ていますが、異なる物質ですので、混同しないようにしてください。「次亜塩素酸ナトリウム」は、アルカリ性で、酸化作用を持ちつつ、原液で長期保存ができるようになっています。ハイターなどの塩素系漂白剤が代表例です。「次亜塩素酸水」は、酸性で「次亜塩素酸ナトリウム」と比べて不安定であり、短時間で酸化させる効果がある反面、保存状態次第では時間と共に急速に効果が無くなります。

【新型コロナウイルス予防の消毒除菌後の状態】

消毒薬剤の臭いと湿気が残っておりますので、引き続き換気をお願いさせていただきました。

【新型コロナウイルス予防の消毒除菌による効果】

菌を消毒して除去しましたので、従業員の皆様に安心して業務に取り組んでいただけました。

【新型コロナウイルスにお困りの方へ】

職場内では、「居場所の切り切り替わり」にご意ください。(休憩室・更衣室・喫煙所等)休憩時間に入った時等、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化で感染リスクが高まることがあります。

お客さまの声

感染者が日に日に増えていき、仕事中、従業員たちも神経質になりピリピリするようになりました。いつ誰が感染してもおかしくない中で、会社として安全に安心して働いてもらうことを重視し、感染予防のための消毒をお願いしました。作業を拝見していると、ポイントをついて消毒されていて、とても勉強になりました。消毒後は、従業員からも「安心した。」「気が楽になった。」という声も聞いたので、頼んで良かったです。丁寧に作業していただき有難うございました。

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code