害虫駆除コラム

蜂の駆除をお考えの方へ雨の日の駆除について解説します!【知っ得】

2021年7月26日

蜂の駆除をいつ行おうか悩んでいる方は多いでしょう。
蜂に襲われずに駆除を行いたいですよね。
そこで今回は、蜂の駆除について詳しく紹介します。
駆除をお考えの方はぜひ参考にしてください。

 

蜂の駆除をするのにおすすめの条件とは?

蜂の駆除をするのにおすすめの条件は2つあります。

雨の日の駆除

蜂の中で特に攻撃性の高いスズメバチは、雨の日に見かけることは少ないです。
なぜなら、スズメバチは水に濡れることを嫌うからです。
スズメバチの羽根は、時速30から40キロメートルの速さで飛べるような仕組みになっています。
しかし、雨によって羽が濡れると、スピードが落ちてしまい上手く飛べません。
そのため、通常時よりもスズメバチの移動スピードが遅くなります。
また、飛距離もかなり短くなるという特徴があります。
よって、雨の日では襲い掛かって来る蜂の数が少なくなったり、動きが鈍くなったりするため、駆除がしやすいと言えます。

日没後の駆除

スズメバチは夜になると、行動が鈍くなります。
これは視力が非常に悪いからです。
そのため、夜に外で飛び回ることは少ないです。
しかし、夜でも活動したり、攻撃的になったりする蜂もいるので気を付けましょう。

 

雨の日に作業をする際の注意点について

上記では、蜂を駆除するのにおすすめの条件として、雨の日を紹介しました。
しかし、雨の日ならではの注意点があります。
ここでは、雨の日に作業をする際の注意点を3つ紹介します。

1つ目は、多めに殺虫剤を使うことです。
基本的に蜂の駆除をする時は、殺虫剤を使用します。
その中でも特に雨の日は、雨で薬剤の成分が流れ効果が薄まります。
そのため、晴れの日に比べ殺虫剤を多めに使用しましょう。

2つ目は、駆除に不要なものを片付けることです。
雨の日は足元が悪くなりますよね。
それにより、滑ったり転んだりして怪我をする可能性があります。
安全に作業を行えるように、周りにある余計なものは事前に片付けておきましょう。

3つ目は、整髪料や香水をつけないことです。
蜂は臭いに敏感なのをご存知ですか。
それは雨の日でも変わりませんので駆除前は香料に気を付けてくださいね。

 

まとめ

今回は、主に雨の日に蜂の駆除をする理由と注意点を紹介しました。
蜂は雨水で羽が濡れると上手く飛べなくなるので、梅雨の時期に蜂の駆除を行うのがおすすめです。
また、作業当日は殺虫剤を多めに使ったり、不要なものを片付けたりしましょう。
蜂の駆除をお考えの方はぜひお問い合わせください。

 

クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code