害虫駆除コラム

スズメバチを退治するときの注意点【知っ得】

2019年8月9日

日本において、全国的に生息しているスズメバチの存在は、人々が危険を感じる虫の一つでしょう。
スズメバチには様々な種類があり、そのどれもが人間にとって危険性の高い生き物であり、猛毒を持つスズメバチの存在は、誰もが身近に感じたくないものだと思います。
しかし、そんなスズメバチが家の付近に現れた場合、どうにか退治したいと思って自分で退治することを考える人もいるでしょう。
今回は、そんなスズメバチ退治において、自分で行う場合の注意点をまとめてご紹介いたします。

 

スズメバチは自分で退治できる?

そもそも、スズメバチやアシナガバチなどの猛毒を持つハチは、自分で退治することが出来るでしょうか?
スズメバチなど猛毒を持つハチでも、危険を顧みなければ自分で退治することは可能です。
その方法としては、市販のスズメバチ専用のスプレーを噴射するという方法や、自分で仕掛けを作ったり市販の仕掛けを購入したりして、仕掛けにスズメバチが入るのをジッと待つか、ハエ叩きなどの道具を使って退治するかのどれかになるかと思います。

 

スズメバチの退治の注意点

一番やってはいけないと言えるのが、ハエ叩きのような道具を使って退治する行為です。
ハチが現れてパニックになり、ハエ叩きの様なその辺にある道具で退治しようとした場合、逆にハチを怒らせてしまい、攻撃されてしまう可能性があります。
また、いくら市販のスプレーを購入したとしても、100%うまくいくとは限らないため、刺される可能性を考え、ハチのハリを通さないほどの厚着をする、楯のようなものを使う、刺された時のために誰かに見ていてもらうといったような注意をして行うべきです。

 

一歩間違えると死の危険も

スズメバチに一度刺されたことがある人は、アナフィラキシーショックという症状を引き起こす可能性があり、最悪の場合、死の危険性もあります。
そのため、出来る限り自分で退治しようとせず、専門業者に依頼するか、自治体に相談してみることがおすすめです。
それでも、どうしても自分で退治したいという方は、細心の注意を払って行いましょう。

 

まとめ

スズメバチを退治することは、自分でもできますが、大変危険な行為となるため、専門業者や自治体に相談することがおすすめですが、ハチを退治しても巣がある場合には、自分で巣を駆除しなければならないため、巣を作るほどの場合には、すぐにでも専門業者に依頼してしまった方が、ハチの退治も巣の駆除も安心して任せることが出来るでしょう。

 





クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します



ハチ専用のお問合せフォームはコチラから



+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。

いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する

知って得する情報【知っ得】の連載をしております。

是非ご覧ください。

毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code