害虫駆除コラム

ウッドデッキでシロアリ駆除をする際に気を付けるべきポイント【知っ得】

2021年4月30日

ウッドデッキがシロアリの被害にあうと、木でできた部分が崩れてしまう危険性があります。また、ウッドデッキを伝って、住居部分までシロアリが侵入してしまうリスクも高いです。

このページでは、ウッドデッキでシロアリ駆除をする際に気を付けるべきポイントについて解説します。

 

天然木のウッドデッキはシロアリ駆除が必要!

ウッドデッキでシロアリ駆除が必要かどうかは素材によって異なるため、まずは使われている素材について確認しましょう。

ウッドデッキに使われている素材は大きく分けて「ソフトウッド」、「ハードウッド」、「樹脂素材」の3種類です。

このうち、天然の木材を使っているソフトウッドとハードウッドのウッドデッキは、シロアリに食べられてしまう可能性があります。特に、ソフトウッドは比較的柔らかい木材のため、シロアリによる被害を受けやすい傾向です。

樹脂素材だけは木ではなく、人工的に作られた合成素材のため、シロアリのエサにはなりません。

 

ウッドデッキのシロアリ駆除をする際の注意ポイント

ウッドデッキの周辺でシロアリを見かけたり、すでにウッドデッキの一部が被害を受けたりしている場合は、早めの駆除作業が大切です。シロアリ駆除を行う際は、以下のポイントが重要となります。

ウッドデッキ周辺だけでなく、巣まで駆除する必要がある

ウッドデッキ周辺を歩いているシロアリを殺虫剤で駆除するだけでは、被害を止めることはできません。巣に残っているシロアリまですべて駆除しなければ、被害が再発してしまいます。

巣に持ち帰らせるタイプの「ベイト剤」と呼ばれる毒エサなどを使用することで、巣まで駆除することが可能です。

ウッドデッキに物などを放置しない

ウッドデッキに物などを放置しておくと、それ自体がシロアリのエサになったり、日陰ができてシロアリが増えやすい環境になったりしてしまいます。ウッドデッキの上はできるだけ片付けて、シロアリが発生しにくい環境を作りましょう。

駆除後も定期的な点検と薬剤の散布を行う

一度駆除作業に成功しても、薬剤の効果が切れたり、別の場所からシロアリが侵入してきたりすると被害が再発します。そのため、駆除後には定期的な点検や、シロアリを防除できる薬剤の散布が必須です。

 

まとめ ウッドデッキがシロアリ被害を受けたら駆除業者へ相談を

ウッドデッキのシロアリ駆除を確実に行いたい場合は、駆除業者へのご相談をおすすめします。シロアリ駆除の実績がある業者に依頼すれば、巣まで含めたシロアリ駆除や、再発防止のための対策が可能です。

弊社では、シロアリ駆除のご依頼を承っています。ウッドデッキがシロアリの被害を受けて困っている方は、ぜひ弊社までご相談ください。

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code