ログイン
HOME  » 害虫駆除サービス一覧 » マダニ駆除

マダニ駆除は技術と信頼のペストコントロール協会へ

  • 山や森林を歩いて帰宅したら体中がかゆい!
  • ペットに大量の虫が張り付いて大変なことになってる!
  • お隣にマダニが発生したらしいので、自分の家も心配!
  • ペストコントロール協会に属している業者に依頼したい!

マダニの被害を受けたらご連絡下さい!スグに駆除に伺います!

マダニ

ダニには大きく分けて以下の2タイプがありますが、屋外に生息し、動物や人に寄生して大量の血を吸うタイプの ダニを総称して「マダニ類」と呼びます。「マダニ類」だけでも日本全国に約800種類ほど生息しています。

コダニ類 --- 屋内に生息。アレルギーの原因になる、いわゆる家ダニ。

■マダニ類 --- 屋外に生息。動物や人に寄生して大量の血を吸う。

当社では主に屋内に生息する「コダニ類」の駆除を施工しておりますが、 屋外に生息する「マダニ類」の駆除も施工範囲を限定して頂ければ駆除致します。 あまりに広範囲の不特定地域における駆除依頼に関しては限度がありますのでご了承下さいませ。 また、既にマダニの被害を受けたお客様やペットに対する皮膚への 直接に薬剤噴霧はできませんので、最寄りの医療機関で治療して下さい。 

マダニ駆除なら任せて安心の3つの理由

お見積りは無料です!また、事前に費用をお伝えし、ご納得頂いた上で施工させて頂きますので、 事前にお伝えした費用以外は発生する事はありませんのでご安心ください。
 
30年の実績を持つ害虫駆除のプロ集団ですので、安心してお任せください! 専門知識と経験を活かし、責任をもって害虫を徹底的に駆除致します。
 
害虫駆除してもらったけど、まだ不安で気になる…という方でもお気軽にご相談下さい! 保障期間内であれば、最初のサービス終了後でもアフターサービスとして、 お客様がご納得頂けるまでお伺い致します!
 

お問い合わせからサービス完了までの流れ

お問い合わせ
お問い合わせ

マダニ駆除 費用の目安

■基本料金 30,000円(税別) ~ 

例1: マダニ駆除 個人宅の庭の草むら 50,000円(税別)  スタッフ2~3名

施工内容: 敷地内の屋外 床面薬剤散布

お問い合わせ時チェック項目: 被害状況は? 咬まれた体の場所は? 作業範囲は? ペット飼育は? 物移動は?
 
※ 敷地の広さ・物の移動・被害状況などにより、費用が変動します。

ご自分で害虫対策したい!...という方にはコチラ↓↓ の商品をオススメ

マダニの特徴

マダニの特徴

マダニは8本脚からなる節足動物で、昆虫ではなくクモやサソリに近い生き物です(昆虫は6本脚)。
一般に家の中に住むコダニ(イエダニやヒゼンダニなど)とは違って固い外皮に覆われ、 成虫の大きさは吸血する前のもので約3~4mm(フタトゲチマダニの場合)、コダニの約8~10倍に相当します(コダニの大きさ は約0.2~0.4mm)。 吸血後のマダニ大きさは成虫で約1.5cm~3cm、体重は元の約100倍程度まで大きくなります。 

マダニに関するYouTube動画
(※閲覧注意:動いているマダニが映ります)

マダニに刺された時の症状

発熱や消化器症状など、風邪に似た症状が特徴のようです。 
 
  • 38度以上の熱が出る。
  • 血尿が出る。
  • 下痢などの消化器に異常をきたす。
  • 白血球の減少。
マダニに刺されたといっても、必ずしも重症熱性血小板減少症候群(SFTSウイルス)という感染症にかかるわけではありません。
マダニに刺された場合、咬着後、24時間以内にマダニを引き抜けば、感染する確率は低いとされています。
ただし、自分で慌てて取り除こうとすると、マダニの頭が皮膚の中に残ったりします。
マダニの体が一部でも残ると、後に感染症をきたすことがありますので、直ちに皮膚科へ行って治療して下さい。

マダニに刺された時に恐れのある感染症



■ 日本紅斑熱
初期症状は、かゆみのない発疹や発熱。放っておくと最終的には高熱を発し、そのまま倒れてしまうことがある。治療は点滴と抗生物質の投与。
 

■ Q熱
治療が遅れると死に至る上、一度でも重症化すると治っても予後は良くない。皮膚などに違和感を覚えたり、風邪のような症状を覚えたら、この病気を疑うべきである。
 

■ ライム病
ノネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリアの感染によって引き起こされる人獣共通感染症のひとつ。
 

■ 回帰熱
ヒメダニ属、マダニ属に媒介されるスピロヘータ科の回帰熱ボレリアによって引き起こされる感染症。発熱期と無熱期を数回繰り返すことからこの名がつけられた。
 

■ ダニ媒介性脳炎
マダニ属のマダニが媒介するウイルス性感染症。脳炎による神経症状が特徴的。
 

■ 重症熱性血小板減少症候群
SFTSウイルスの感染により引き起こされる感染症で、本症候群に起因する死亡事例が2013年に国内で初めて発表された。症状は1週間から2週間の潜伏期間を経て発熱、嘔吐、下痢などが現れる。重症患者は、血球貪食症候群を伴って出血傾向を呈す例が多い。西日本で、これまで53人が感染して、発熱や出血などの症状を訴えた後、21人が死亡しているため、2014年2月25日、田村憲久厚生労働大臣が、「草木の多い所に入る時は、肌をなるべく出さないように」と注意を呼び掛けた。
 

■ ツツガムシ病
ツツガムシに吸着された後、10~14日間の潜伏期間後に悪寒戦慄を伴う38~40℃の高熱が生じます。頭痛、筋肉痛、全身倦怠感も必発します。発症2~3日後に全身に自覚症のない母指頭大(1~2cm)までの紅斑が汎発し、紫斑を混じることもあります。その他、眼球結膜充血、咽頭発赤、肝脾腫、全身リンパ節腫脹も認められ、放置するか治療が遅れれば、脳炎、肺炎の合併やDICや心不全で死に至る症例もあります。
 

マダニに刺されないための予防法

マダニの生息場所への立ち入りを控えましょう。
もし、マダニの生息場所(山林など)に入る場合は、 マダニの衣服内への侵入を予防することが大切です。

★服装   

  • 長袖、長ズボンを着用する。
  • 生地は布目が細かく、表面の滑らかなもの。
  • 明るい色の服を身に着ける。
  • ズボンの裾は長靴やハイソックスの中に入れる。
  • ズボンの裾などに「マダニ用の忌避剤」を噴霧しておく。 

マダニが付着する場所のチェックポイント

帰宅してからチェックすることは、入浴時に体をくまなく調べます。
入浴時に体にマダニの咬着がないか、 服にマダニが付着していないかを調べて下さい。

 

見た目は皮膚面から突き出した黒褐色の物体です。 たくさん吸血していたら、スイカの種にくらいになります。

 

よく刺される場所は頭や首筋などの露出部です。
太腿やワキの下などもあります。 乳幼児や老人は頭部への咬着が多いといわれています。
頭部もしっかり調べましょう。 

マダニの主な種類と分布

北海道から南西諸島まで約18種類のマダニによる被害(刺咬症)が報告されています。
北海道、本州ではシュルツエマダニが、東北、関東中部ではヤマトマダニが、南西諸島ではタカサゴキララマダニが、九州から近畿にかけてはフタトゲチマダニが、中国地方ではタネガタマダニが多く報告されています。
またもうひとつ大事なマダニのひとつがツツガムシで、主に東北、北陸地方に生息し、有名なツツガムシ病を引き起こします。 

よくある質問 Q&A

見積もりは無料ですか?
はい!お見積りまでは無料です!
通常はお電話でハチの種類や巣の状況をお伺いして、その場でお見積りのお値段をお伝えし、お客様のご了承頂ければ作業スタッフを段取り致します。 
依頼したら、すぐ来てもらえますか?
はい!出来るだけスグにお伺い致します!
お問い合わせから、早ければ、翌日の朝位になります。
他のお客様の先約が混み合っている場合は、 お客様のご都合の良い日程に合わせて後日お伺い致します。 
駆除した後も、なんか痒い気がします。
一度、ノミやダニに咬まれるとその後もまだ害虫がいるような気がして体がムズムズするという方もいらっしゃいます。念のため、皮膚科のお医者様に診察して頂いて下さい。 

結構、緑に囲まれた家のせいか虫はよく見かけるのですが、さすがに虫に咬まれて、それがマダニだと知った際には驚きました。しかもよく観察すると庭の草むらに沢山いたようです。業者さんに相談して駆除してもらうことになり、対処して頂きました。ありがとうございました。
 
マダニ駆除 対応エリア
大阪府
兵庫県
奈良県
京都府