害虫駆除コラム

トコジラミはどこからやってくる?発生原因を害虫駆除の業者が説明します!【知っ得】

2021年2月1日

トコジラミの被害に困っている方はいらっしゃいませんか。一体トコジラミはどこからやってくるのでしょうか。発生しやすい時期や発生原因が分かっていれば、対処しやすいですよね。

そこで今回は、害虫駆除業者がトコジラミの発生原因を紹介します。

 

トコジラミの生態と発生時期について

そもそもトコジラミをご存知ない方も多くいらっしゃいますよね。
ここではトコジラミについて詳しく紹介するので、ハウスクリーニングを検討中の方は参考にして下さい。
トコジラミは名前にシラミと入っていますが、シラミの仲間ではなく、実はカメムシの仲間なのです。別名は南京虫とも呼ばれることがあります。人や動物の血を吸うことで、生きています。刺されてしまうと激しい痒みを感じるでしょう。
夜間に活動する夜行性の害虫のため、寝ている間に刺されてしまったという方もいらっしゃるかと思います。この害虫は、繁殖力が高いことにも注意が必要です。

発生時期としては、暖かい環境を好む傾向があり、6〜9月の間に活発に活動します。ストーブやエアコンなどの暖房器具が設置されている部屋では、冬でも活動することもあります。また、ベッドやカーテンなどの狭くて暗い場所が主な生息場所として考えられます。

 

トコジラミの発生原因について

ここまではトコジラミそのものと発生時期について紹介しました。
しかし、一体どこからトコジラミは住宅に侵入するのでしょうか。
気づかぬうちに侵入されていたという方もいらっしゃるでしょう。
ここではトコジラミの発生原因について紹介します。

1つ目に考えられる原因は、家に住む人が外から持ち込んでいることです。
こちらは最も可能性の高い原因でしょう。トコジラミは羽がないため、空を飛ぶ能力はありません。また、夜行性のため一度に長距離は移動できません。
こうした特徴から、トコジラミが自分から住宅内部に侵入する可能性はかなり低いです。そのため、住宅に出入りする人間が外から持ち込んでいる可能性が高いです。

2つ目の原因は、海外製の家具に入り込んでいることです。海外から持ち込まれた製品の隙間にトコジラミが入り込んでいたということもあり得るでしょう。海外製のソファーやベッドを購入する方は特に気をつけましょう。

 

まとめ

今回は、害虫駆除業者がトコジラミの発生原因を紹介しました。トコジラミは、6〜9月に発生することが多いです。また、原因としては家主が持ち込んだり、海外製の家具に入り込んでいたりすることが考えられます。

トコジラミの駆除をお考えの方はお気軽に当社までご連絡ください。

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code