害虫駆除コラム

トコジラミ駆除にかかる期間は?効果的な駆除方法もあわせて解説【知っ得】

2021年2月15日

家や宿泊施設などにトコジラミ(南京虫)が発生した場合、駆除にどれくらいの期間が必要か気になる方も多いではないでしょうか。

一般的に、トコジラミは駆除することが難しい害虫として知られています。トコジラミは薬への耐性が高いだけでなく、長い寿命や発見しづらさなどの理由から、駆除には一定の期間が必要です。

このページでは、トコジラミの駆除にかかる期間や、効果的な駆除方法について解説します。トコジラミの駆除や予防の方法を知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

トコジラミは季節を問わず、どの期間でも発生する害虫

トコジラミは基本的に、気温が高くなる夏に活動が活発化する生物です。ただし、最近では室内の暖房設備が整っていることから、冬であっても活動する場合があります。

特に、冷暖房が完備されている宿泊施設などでは、季節を問わずトコジラミが発生する危険性があるため注意が必要です。

また、気温が低い冬の期間中もトコジラミは死滅するわけではありません。冬越しをしたトコジラミは暖かい季節になると再び活動を始めるため、確実に駆除する必要があります。

 

トコジラミの駆除に長い期間が必要な理由とは?

トコジラミの駆除に長い期間が必要となる主な理由は次の通りです。
 

・発見しづらく、見逃す可能性があるから

トコジラミは非常に小さく、かつ隙間や暗いところに隠れる性質があります。そのため、害虫の中でも発見が難しいことがトコジラミの特徴です。

トコジラミの体長は成虫でも数ミリメートルしかないため、駆除作業時に見逃す可能性があります。また、トコジラミは平たい体型で、1mm程度の隙間があれば入り込むことが可能です。

カーペットや棚、壁の隙間などに入り込んだトコジラミは念入りに探さなければ見つけることができません。駆除作業を行ったつもりでも、トコジラミが生き残っていれば再び繁殖を始めて数が増えてしまいます。

駆除に成功したかどうかが目視では分かりにくい点が、トコジラミの駆除に長い期間がかかる理由の1つです。
 

・トコジラミは寿命が長いから

トコジラミの駆除に長い期間がかかる2つ目の理由として、寿命の長さがあげられます。トコジラミは人や動物の血を吸って生きる虫ですが、血を全く吸わない状態でも2か月以上生存することが可能です。

トコジラミの寿命は、気温が20℃程度の環境では9か月から18か月、27℃程度の環境では3か月から4か月ほどとされています。そのため、放置しておいても自然に死滅する可能性は低いです。

さらに、雌のトコジラミは孵化から40日間ほどで成虫になったあと、1日5~6個のペースで卵を産み続けます。長い寿命のうちに、1個体につき500個ほどの卵を産卵することも、トコジラミの駆除期間が長くなる理由です。
 

・トコジラミの卵は駆除しにくく、2週間程度で孵化するから

トコジラミは幼虫や成虫の駆除が難しいだけでなく、卵が駆除しにくいことも、駆除に長い期間がかかる理由といえます。

トコジラミの卵は1mm程度の大きさしかなく、無色透明に近い色をしているため目視での発見が困難です。さらに、卵は殻に覆われているため、駆除剤をかけても簡単に死滅させることができません。

トコジラミの卵が孵化するまでの期間は2週間程度です。そのため、トコジラミの駆除作業を行って幼虫や成虫を全滅させたと思っても、駆除しきれずに残っていた卵が孵化して再発する場合があります。

卵が駆除しにくく、ある程度の期間をおいて孵化することが、トコジラミの駆除が長期化しやすい理由です。

 

弊社では作業を2回することでトコジラミを確実に駆除します!

30年の害虫駆除実績を持つ弊社では、トコジラミの駆除を承っています。弊社のトコジラミ駆除は、トコジラミを確実に駆除するために作業期間を2回設けています。

その理由として、トコジラミの卵には薬剤が効きにくいという特徴があるためです。1度目のトコジラミ駆除時に卵だったトコジラミが孵化するまでの2週間前後の期間を空けて、2回目の作業でトコジラミの完全駆除が可能です。

弊社では、これまでのトコジラミ駆除の経験からトコジラミが隠れやすい場所を熟知しています。目につきやすい場所だけでなく、壁紙や木枠の隙間、家具や家電の隙間までよく確認した上で薬剤を散布することが、弊社の駆除方法です。

また、駆除剤には奥に潜んでいるトコジラミの追い出し効果もある即効性のものと、残効性のある薬剤を複数使用します。

保証期間中に害虫が発生しないよう確実に駆除を行いますので、ぜひ安心して駆除をお任せください。

 

まとめ トコジラミ駆除には2週間ほどの期間が必要

トコジラミは小さくて隠れやすい害虫であることや寿命の長さ、卵に薬剤が効かないことなどから、駆除にある程度の期間が必要です。一度駆除作業を行ってから、卵が孵化するまで2週間ほどの期間を空けて再度駆除をすることがポイントとなります。

弊社では害虫駆除の無料見積もりを承っていますので、トコジラミの被害でお困りの方はお気軽にお問合せください。

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code