害虫駆除コラム

トコジラミ駆除の簡単な方法はある?駆除が難しい理由を解説【知っ得】

2021年10月25日

朝起きた時に、腕や足、首などに赤くて痒みのある斑点ができている場合トコジラミが発生している危険性があります。

また、ベッドの周辺やカーペットなどにトコジラミを発見したら、他の場所に隠れているトコジラミまで確実に駆除しきることが大切です。

このページでは、トコジラミを簡単に駆除したい方が知っておくべき情報をご紹介します。

 

室内に発生する害虫「トコジラミ」とは?

トコジラミは、南京虫や床虫、ベッドバグ(bed bug)などの呼び名でも知られる害虫です。トコジラミのエサは人や動物の血で、夜間の寝ている間に肌の露出部分を刺して吸血します。

トコジラミに刺された部分は強い痒みや痛みが出るため、早めに皮膚科にかかることが大切です。トコジラミによる被害を受けた場合は、痒みや炎症を抑える塗り薬を処方されることが一般的となっています。

国内に生息していたトコジラミは一度すべて駆除されました。しかし、国内外を行き来する渡航者が増えたことで、海外から別種のトコジラミが入り込み、再び被害が出ています。

そのため、自分自身が海外に渡航しない場合でも、国内のホテルやネットカフェなどの施設でトコジラミに刺されたりする可能性があり、注意が必要です。

 

トコジラミを駆除する一般的な方法

トコジラミを駆除する一般的な方法として、薬剤による殺虫や熱による殺虫、掃除機などを使った吸引などがあげられます。

トコジラミの行動パターンは、明るい時間帯は狭い隙間などに隠れ、夜になると動き回って吸血するというものです。そのため、駆除作業ではトコジラミが隠れていそうな場所に薬剤を散布したり、高熱の蒸気が出るスチーマーなどを当てたりします。

また、衣類やカーペットなどに潜り込んで隠れているトコジラミは、乾燥機を使用して駆除することが可能です。トコジラミは熱に弱いため、乾燥機で高熱を長時間当てることで死滅させられます。

しかし、トコジラミを完全に駆除することは簡単ではありません。トコジラミが簡単に駆除できない主な理由は次の3つです。

 

トコジラミの駆除が簡単ではない3つの理由

トコジラミが簡単に駆除できない理由として、次のようなものがあります。

隠れている場所を見つけることが難しい

トコジラミは2~3ミリメートルほどの大きさのため肉眼で発見しにくいことにくわえ、幅1ミリメートル程度の隙間があれば入り込んでしまうことが特徴です。

壁紙と壁の間にある狭い隙間や、畳の裏などに隠れているトコジラミを見つけることは簡単ではありません。

また、隠れている場所によっては薬剤を散布したりスチーマーで蒸気を当てたりできない点も、トコジラミの駆除作業を難しくしています。

駆除剤が効かない場合がある

トコジラミの駆除が簡単ではない2つ目の理由は、薬剤への耐性があることです。耐性とは生物が生き延びるために獲得する性質で、殺虫剤への耐性をもったトコジラミは「スーパートコジラミ」と呼ばれます。

もし、室内に発生したのがスーパートコジラミだった場合、市販の駆除剤が効かない可能性が高いです。薬剤に強いトコジラミは、耐性がついていない成分の入った薬剤を選んで駆除作業を行う必要があります。

寿命が長く卵をたくさん産む

トコジラミの駆除が簡単ではない3つ目の理由は、寿命の長さと繁殖力の強さです。トコジラミは吸血しなくても1か月以上生きることが可能なうえ、成虫のメスは1日に5~6個のペースで産卵します。

1匹のメスが生涯に産卵する数は300個以上のため、一度駆除作業を行っても卵が孵化し、次々と出現してしまうリスクが高いです。

 

簡単な駆除方法でトコジラミが再発してしまうと逆効果!

トコジラミを簡単に駆除したいという思いから、安易な方法を選んでしまうと逆効果となる場合があります。

トコジラミの卵は殻に守られているため、薬剤を散布しても殺虫できません。卵は1週間程度で孵化するため、薬剤を散布したあとに時間をおいてトコジラミが再発する可能性が高いです。

また、駆除に失敗している間に室内の様々な場所にトコジラミが移動すると、完全に駆除することがますます難しくなります。

そのため、トコジラミを見つけたときは、できるだけ早く正しい方法で駆除することが大切です。

 

まとめ トコジラミを簡単に駆除したい場合はプロへの依頼がおすすめ

トコジラミが発生した部屋では、夜間の寝ている間に肌を刺され、斑点状の赤みや強烈な痒みが生じる場合があります。トコジラミは薬剤や熱などにより駆除できますが、狭い隙間に隠れたトコジラミをすべて見つけることは簡単ではありません。

トコジラミの駆除実績がある業者に依頼すれば、トコジラミの隠れ場所をもれなくチェックし、適切な方法による駆除が可能です。

弊社では、薬剤を2回に分けて散布する方法で、卵から孵化するトコジラミも含めた駆除を承っています。トコジラミによる被害でお困りの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

 

 


クリックすると弊社のトコジラミ対策・駆除のページへ移動します

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code