Happy Club
リニューコートの空気清浄メカニズム
柿エキスによる清浄効果皆様は、なぜ「リニューコート」に空気清浄効果があるのかご存知でしょうか?
その秘密は、柿(カキ)にあります。
秋の味覚として、私たちになじみ深いこの果実が、実はたいへんなパワーを内蔵しているのです。 従来より、柿の木 Diospyros Kaki Thunberg (Ebenaceae) の果実より抽出されたエキスは、カキ渋として染色に利用されてきたことはよく知られています。

しかし、印刷、壁紙、食品など産業用にも広く活用されており、医療においても止血剤などに使われているのは余り知られていないようです。 さらに最近、アンモニア・アセトアルデヒド等の悪臭成分や、シックハウス症候群の原因物質の一つである ホルムアルデヒド等の有害成分を、強力に分解することがわかってきました。

この分解メカニズムは、まだ十分に解明されていませんが、柿に含まれる大きな構造式を持ったフラボン誘導体が、 悪臭・有害成分を包み込む作用(包接作用)と、構造式の数多くのOH基が、それらの成分の構造式にくっついたり、 あるいはそれを分断したりする反応作用により、無臭・無害成分に変化させるメカニズムが機能しているものと思われます。 この柿エキスを「リニューコート」に配合することにより、天井・壁面全体で悪臭・有害成分を絶え間なく分解し、 長期にわたり室内空間の浄化作用を行います。言うまでもなく天然産物であるため、人体に対する有害性は全く存在しません。 まさに、恐るべき柿パワーではありませんか!

●リニューコート空気清浄メカニズムイメージ●

空気清浄メカニズムイメージ

消臭能力試験結果
 試 験 資 料
リニューコート
エコリン

 試 験 方 法
容量1リットルの三角フラスコにそれぞれの試験試料を1g入れ、所定の悪臭源ごとに下記の濃度封入し、直接的に反応させた。封入下30分間放置後、フラスコ内の残存悪臭濃度を北川式検知管にて測定し、それぞれの悪臭源ごとの分解率を求めた。

■ 
使用悪臭源と濃度
アンモニア・・・・・・・・・160ppm
ホルムアルデヒド・・・・・・30ppm
アセトアルデヒド・・・・・・100ppm

 リニューコート試験結果
悪臭源 \ 30分経過 残存濃度
ppm
残存率
分解(消臭)率
 アンモニア(160ppm) 60 37.5 62.5
 ※ホルムアルデヒド(30ppm) 6 20.0 80.0
 アセトアルデヒド(100ppm) <1 <1.0 99.0
0.08ppm以下には、90分要した。

 エコリン試験結果
悪臭源 \ 30分経過 残存濃度
ppm
残存率
分解(消臭)率
 アンモニア(160ppm) 30 18.8 81.2
 ※ホルムアルデヒド(30ppm) 3 10.0 90.0
 アセトアルデヒド(100ppm) <1 <1.0 99.0
0.08ppm以下には、50分要した。
※検査機関:豊島化学(株) 

化学物質安全データシート ( M S D S )
整理番号: 020130  
1.化学物質等及び会社情報
化学物質などの名称 : リニューコート
  種類 : アクリル樹脂エマルジョンペイント
  開発会社名 : 株式会社トータルクリーン

  作成日 : 2002年1月30日
2.組成 成分情報
  化学物質等の特定 混合物  毒物・劇物法:該当せず
   危険有害性成分
 
化学名又は一般 名 CAS NO. 濃度(%) 備考
エチレングリコール 107−21−1 2.0 PRTR 1 43
酸化アルミニューム 1344−28−1 1〜10
酸化チタン 13463−67−7 10〜20
シリカ 7631−86−9 1〜10
3.危険有害性の要約
  分類の名称 : 危険有害物質に該当しない
  危険有害性のコメント : なし
4.応急措置
 
眼に入った場合 直ちに大量の清浄な流水で15分以上洗う。目蓋の裏まで完全に洗うこと。
皮膚に付着した場合 付着物を布にて素早く拭き取る。大量 の水及び石鹸又は皮膚用の洗剤を使用して充分に洗い落とす溶剤、シンナーは使用しない事。外観に変化が見られたり、痛みがある場合には医師の診断を受ける事。
吸入した場合 蒸気、ガス、粉塵などを吸い込んで、気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、医師の手当てを受けること。
飲み込んだ場合 誤って飲み込んだ場合、安静にして医師の診断を直ちに受けること。嘔吐物は飲み込ませないこと。医師の指示による以外は無理に吐かせないこと。
5.火災時の措置
  消火剤 : 水
  消火方法 : 一般の火災時の措置をする。
6.漏出時の措置
  作業の際には適切な保護具(手袋、保護マスク。エプロン、ゴーグル等)を着用する。
漏出物は、密閉できる容器に回収し、安全な場所に移す。
付着物、廃棄物などは、関係法律に基づいて処置をすること。
大量の流出には盛り土等で流出を防ぐ。水での洗浄等も、河川等へ排出、環境汚染を引き起こす恐れがあるので、注意すること。
7.取り扱い及び保管上の注意
  取り扱い上の注意 : 換気の良い場所で取り扱うこと。容器はその都度密栓すること。
  保管上の注意 : 日光の直射を避ける。風通 しの良いところに保管する。
8.暴露防止及び保護措置
  設備対策 : 特別に必要なし。
  保護具 : 眼の障害を防止する場合:保護メガネを着用する。
9.物理的及び化学的性質
  外観(20℃) : 粘性液体
  PH : 8.0  ±  1.0
  引火点 : なし
  発火点 : なし
  その他 : 特に情報を有していない
10.安定性及び反応性
 
接触により危険のある物質 : 特になし
燃焼などによる有害ガス発生  : 特になし
その他の反応性情報 : 標準条件で危険な反応をしない
その他の危険性情報 : 特になし
11.有害性情報
  (組成物質の有害性及び暴露濃度基準)
 
物質名 管理濃度 許容濃度 LD50
エチレングリコール 設定なし 100mg/・ rat:4700mg/kg
酸化アルミニューム 10mg/・
酸化チタン 10mg/・
シリカ 10mg/・ rat:>4500mg/kg
 
組成物質に関するその他の有害性情報  : 特になし
製品に関するその他の有害性情報  : 情報を有していない
12.環境影響情報
  容器、機器などの洗浄水をそのまま排水溝に流さないこと。
13.廃棄上の注意
  廃塗料、容器等の廃棄物は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託すること。
14.輸送上の注意
  取り扱い及び保管上の注意の項記載のよる。
15.主な適用法規
  消防法 非危険物
    主な国内法に該当なし
 ※ 注 意
  このMSDSは、通常の取り扱いを対象としたものです。
記載した内容は、現時点で可能な限り入手した資料、情報、データにもとづき作成しておりますが、危険、有害性に関する評価は必ずしも充分なものではありませんので、取り扱いには注意してください。このMSDSは、国の規制を含む(社)日本塗料工業会の基準にもとづくものでありますが、地方自治体の規制は含まれておりませんので、当該自治体の規制に従って対処してください。


自然に優しいリニューコート

このサイトはInternet Explorer6,Netscape Navigator7,Opera7,Mozilla1.5で動作確認済みです。
Copyleft(c) 2008 renewcoat.org All Rights Reserved. Powered by Total Clean Inc.