HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】小さいハチの巣を駆除する方法とは?

更新日 : 2019/7/16

家の周りにハチの巣が出来たとき、どのように対処したらよいかパニックになってしまう方が多いでしょう。
ハチには種類があり、スズメバチやアシナガバチなど、ハチの中でも狂暴で猛毒を持つものも存在するため、むやみに近寄ることは危険です。
作られたハチの巣が小さい場合、危険が少ないと感じる方もいると思いますが、本当に小さいハチの巣は安全なのでしょうか?
今回は小さいハチの巣が作られたときの駆除方法についてご紹介していきます。

小さいハチの巣が出来た理由
作られたハチの巣が比較的小さい場合、どのような状態と言えるのでしょうか。
一般的には以下のように考えられるでしょう。

・女王蜂がまだ巣を作りたての状態である
・場所的に小さなものしか作れなかった
・アシナガバチの巣である

小さいハチの巣は、決して作り始めたばかりの巣ということだけでなく、ハチの種類によっても巣は小さい場合があります。
アシナガバチも猛毒を持つハチのため、むやみに近寄ることはしない方が良いでしょう。

小さいハチの巣も危険な可能性がある
小さいハチの巣の場合でも、アシナガバチの巣の場合には、それが完成されたハチの巣である可能性が高いでしょう。
アシナガバチの巣は比較的小さく作られることが多く、完成したハチの巣にはハチたちがウヨウヨいるため、近寄ってしまうと攻撃される可能性があります。
ましてや駆除しようと軽はずみに叩いたり、突っついたりすると大勢のハチが攻撃してくる可能性がありますので絶対にやめましょう。

小さいハチの巣は自分で駆除できる?
たとえ小さいハチの巣であっても、自分で駆除することはおすすめできません。
小さいハチの巣であっても、専門業者を呼び、害虫駆除に詳しい人に見てもらって駆除方法を検討してもらうことが必要です。
アシナガバチをはじめスズメバチに刺されたという被害報告は毎年出ているため、自分ならできると過信せずにプロにお任せするべきでしょう。

ハチの巣はどこにでも作られる
アシナガバチやスズメバチなど、人間が住んでいるところでも所かまわず巣を作ります。
物置や屋根裏、軒下や壁など、その場所に合わせて大きさや形などを変えて巣を作るため、近くでハチを多く見るようになった場合には、ハチの巣が作られたことを疑うと良いでしょう。
自分でハチの巣を探すことはせず、害虫駆除の専門業者に相談したり、自治体に相談したりしてプロの業者に来てもらってハチの巣を探してもらうことも可能です。
小さいハチの巣と侮らずにプロに駆除をしてもらうようにしましょう。


 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>