HOME » お知らせ
お知らせ

【コラム】焼肉店でノロウイルス発症 3日間で客21人 営業禁止処分に

更新日 : 2019/7/31

三重県伊勢市の焼肉店で、7月19日から21日にかけて食事をした21人の客がノロウイルスによる食中毒の症状を発症していたことが分かり、三重県は店を営業禁止処分としました。
三重県によりますと伊勢市曽根の焼肉店「焼肉ちえ」で、7月19日に食事をした家族4人のうち、3人が下痢や嘔吐などの症状を訴えました。
3人は4日後に医療機関で受診し、ノロウイルスによる食中毒だったことがわかりました。
このほかにも20日と21日にこの店で食事をした客も同様の症状を訴えていて、3日間で14歳から80歳の客21人が食中毒になったということです。
21人のうち入院した人はおらず、全員快方に向かっています。
また、その後の調査で、店の従業員1人からノロウイルスが検出され、食品や食器などを介して感染した可能性が高いとみられています。
伊勢保健所は30日付けでこの店を営業禁止処分としました。
ノロウイルスは少量でも感染する強いウイルスで、人の手を介して感染することが多いため、三重県は手洗いを徹底するよう呼びかけています。


食中毒予防に「バリアス-1S」




知ってて役立つ「耳より情報」はコチラから!

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>