HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】鳩よけの工事をする際の注意点とは?西日本の専門業者が一挙解説!

更新日 : 2019/10/11

鳩の被害でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「鳩よけの工事をする際の注意点を知りたい。」
「ベランダに鳩が集まってきて大変。」
「鳩を追い払いたいけれど、どうすれば良いのかわからない。」
このように思っている方もいらっしゃるかもしれません。
近年、鳩のフンによる被害が問題視されている中、鳩の被害を訴える人が増えています。
しかし、いざ鳩の被害が増えているといっても、どうすれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、鳩よけの工事をする際の注意点についてご紹介します。


鳩よけの工事をする際の注意点

鳩よけの工事をする際の注意点は大きく分けて2つあります。

*鳥獣保護法に違反しないように気をつける

現在日本には「鳥獣保護法」といった、特定の動物を保護する法律が定められています。
基本的に「鳥獣保護法」に指定されている動物を傷つけたり、殺したりすることは罪として罰せられます。
街中で見かけるドバトも「鳥獣保護法」に指定されているため、迷惑を被っているからといって捕獲したり、殺したりすることは法律に違反します。
自治体に許可を得られれば、生活に支障が出ると認められた個体のみ捕獲が許可されます。
また、捕獲や殺傷以外にも、鳩を弱らせる行為自体が違法となる場合があるため、鳩を駆除する際には注意が必要です。

*状況に合った工事を行う

鳩よけの工事を行う際には、状況に合った工事を行うことが大切です。
例えば、鳩よけをする際に、忌避剤を撒く場合、忌避剤を撒くタイミングを考える必要があります。
忌避剤を使用するタイミングは鳩の留まり始めが最も効果的です。
留まり始めは鳩が巣を作ったり、縄張りを張ったりしないため、鳩が滞在場所を変えやすいからです。
一方、鳩が留まり始めてしばらく経った後は、鳩が環境に慣れているため、忌避剤を撒いても鳩を追い出すことは難しくなります。


まとめ

今回は、鳩よけの工事をする際の注意点についてご紹介しました。
鳩よけの工事をする際は、鳥獣保護法に違反しないよう注意すること、状況に合った工事をすることが重要です。
「鳩の被害を抑えたい」
「害鳥駆除についてもっと知りたい」
このようにお考えの方も多いと思います。
そのような方は、害鳥駆除について考える良い機会かもしれません。
これを機に、害鳥駆除を検討してみてはいかがでしょうか?
害鳥・害虫駆除についてわからないことやお悩みがあれば、お気軽に当社までご相談ください!



 

クリックすると弊社のハト対策・駆除のページへ移動します

 

 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>