HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】アシナガバチの餌はなに?アシナガバチの生態を知る

更新日 : 2020/3/16

アシナガバチやスズメバチは人間に危害を加える危険な生き物ですが、その生態を知っている人は少ないでしょう。
ここでは、アシナガバチの生態について、食べているものや子供に与えるものなどをご紹介していきます。

 

 

 

 

アシナガバチは何を食べて生きている?

アシナガバチは肉食性の生き物で、芋虫や昆虫を好んで食べます。

・芋虫
アシナガバチが主に食べているものは、芋虫などの幼虫です。
動きが鈍い芋虫を捕まえ、巣に持ち帰って食べることがほとんどで、その際に特徴的なのは芋虫を肉団子状態にして運ぶということです。

・昆虫
芋虫以外にもアシナガバチはバッタなどの昆虫を食します。
暴れまわるものや、毒を持っているものなどは、アシナガバチが持っている毒針でしびれさせ、身動きが取れない状態にして食べる習性があります。

 

 

 

 

アシナガバチが子供に与えるものは?

アシナガバチが子供たちに与えるものとしても、芋虫などの幼虫になります。
芋虫を捕まえて、その内臓などを肉団子状態にして子供たちに与えるために巣に持ち帰り、小さくして子供たちに与える習性があります。

 

 

 

 

アシナガバチは花粉を集める?

アシナガバチは花粉を集めません。
ミツバチの様に花の花粉を集めたり蜜を集めたりすることは無く、ハチの巣からハチミツが出来るということもありません。

 

 

 

 

アシナガバチを餌にする生き物はいる?

アシナガバチの様なハチを食べる生き物として挙げられるのは鳥です。
好んでハチを食べるということはありませんが、ハチも鳥には勝てず、アシナガバチもその例外ではありません。
アシナガバチはハチの中でも天敵を持っており、ヒメスズメバチはアシナガバチの巣を襲う習性があり、その巣を襲ったヒメスズメバチは、アシナガバチの幼虫を食べてしまうため、アシナガバチにとっては天敵となっています。

 

 

 

 

まとめ

ここまで、アシナガバチについて、食べ物や子供に与えるもの、点滴などの生態についてご紹介してきました。
アシナガバチの生態を知っていくことで、どのような対処をするべきか見えてくることもあるでしょう。
ただし、アシナガバチは危険な毒を持っている生き物です。
むやみに近寄ったり、巣に攻撃的なそぶりを見せたりすると人間でも襲ってくるため、巣を見かけたら専門業者へ駆除の依頼をすると良いでしょう。
巣が身近なところで作られた時には、決して自分一人で駆除しようとせずに、まずは、役場などで相談すると良いでしょう。

 

 

 

 

 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>