HOME » お知らせ
お知らせ

イタチの被害から畑を守るには?効果的な駆除方法を解説【知っ得】

更新日 : 2020/11/2

いつの間にか畑の土が掘り返されていたり、農作物が荒らされていたりする場合、イタチによる被害かも知れません。畑に現れたイタチは駆除せずに放っておくと繰り返し悪さをするため、早めの対処が大切です。

このページでは、イタチの被害から畑を守るための方法や、効果的な駆除方法をまとめました。畑や庭をイタチに荒らされてお困りの方はぜひ参考にしてください。


 

イタチは畑に穴を掘ったり、農作物を荒らしたりするため要注意!


イタチは地面に穴を掘る習性があり、畑に侵入して地中にトンネルを作ってしまう場合があります。また、イタチは雑食性でなんでも食べるため、畑の野菜や果物が食べられてしまう危険性が高いです。

さらに、イタチは体臭が強く、フンも悪臭を放つため、畑の衛生環境が損なわれてしまいます。そのほか、農作業に必要な器具や倉庫をかじって壊すなどの被害にも注意が必要です。


 

畑からイタチを駆除する効果的な方法は?


畑からイタチを駆除際には、まずイタチを敷地内から追い出し、その後に侵入経路をふさぐ方法が効果的です。

ただし、イタチは鳥獣保護法によって捕獲や殺傷が禁止されています。そのため、捕獲用の罠を設置したり、毒餌を撒いたりすることはできません。

畑からイタチを追い出す際には、イタチが嫌いな臭いを放つ「忌避剤(きひざい)」という薬剤や、超音波でイタチを威嚇する装置を使うと効果的です。

なお、イタチ駆除グッズとして蚊取り線香やバルサンなどの煙が出るタイプのものもあります。しかし、畑の場合は煙が外気に逃げてしまうため、屋内での使用と比べて効果が期待できません。

敷地内からイタチを追い出した後は、再び畑に戻ってこれないように金網や柵を設置しましょう。イタチは数センチほどの隙間でも通り抜けられるため、小さな穴も確実にふさぐことがポイントです。


 

イタチによる畑の被害が収まらない場合は駆除業者に相談を


イタチを畑から追い出せなかったり、再び戻ってきてしまったりする場合には、専門の駆除業者への相談をおすすめします。行政の認可を得ているイタチ駆除業者なら、捕獲器や防除ネットを使って速やかに対処が可能です。


 

まとめ 畑のイタチは早めに駆除しましょう


畑に現れたイタチは放っておくと被害が拡大してしまうため、早めの駆除が大切です。畑の土や農作物、器具などが荒らされている場合、イタチを追い出した上で侵入経路をふさぎましょう。

なお、自力での駆除が難しい場合には、イタチ駆除の専門業者にご相談ください。プロに依頼すれば、大事な畑や農作物を確実に守ることができます。





 
 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>