HOME » お知らせ
お知らせ

イタチを寄せ付けない3つの方法を解説!イタチの被害を防ぎましょう【知っ得】

更新日 : 2020/10/12

イタチは屋根裏や床下、倉庫などに棲みつき、建築の破壊や騒音、悪臭などの被害をもたらします。そのため、イタチを発見したら速やかに追い出し、寄せ付けないことが大切です。

ただし、イタチは法律によって捕獲や殺傷が禁止されているため、むやみに傷つけたり攻撃したりしてはいけません。

そこで本ページでは、イタチを寄せ付けないためにできる3つの方法を解説します。イタチの被害でお困りの方はぜひ参考にしてください。


 

イタチを寄せ付けない方法1 忌避剤(きひざい)を設置する


イタチを寄せ付けない1つ目の方法は、忌避剤を設置することです。忌避剤にはイタチが嫌う臭い成分として、木酢液やトウガラシの抽出物などが含まれています。イタチは嗅覚が敏感なため、強い臭いを放つ忌避剤の近くには近寄れません。

忌避剤には、スプレータイプや液体タイプ、固形タイプなど様々な種類があります。固形タイプなら置くだけでイタチを寄せ付けない効果があるため、屋内でも使用可能です。


 

イタチを寄せ付けない方法2 光で威嚇する


イタチを寄せ付けない2つ目の方法は、光による威嚇です。LEDや懐中電灯の光によって、イタチを追い出すことができます。

イタチは夜行性で、強い光を嫌う動物です。屋内や庭でイタチを見つけた場合は、懐中電灯の光を当てると逃げ出します。また、LEDの電灯を設置すれば、イタチを寄せ付けないことが可能です。


 

イタチを寄せ付けない方法3 侵入経路を物理的にふさぐ


イタチを寄せ付けない3つ目の方法として、侵入経路をふさぐことが挙げられます。イタチは一度棲みついた場所に繰り返し戻ってくる習性があるため、追い出した後の対策が重要です。

イタチは数センチの小さな穴や隙間からでも建物の中に侵入できます。そのため、侵入経路を特定し、獣除けネットや金網で物理的にふさぐ作業が必要です。


 

まとめ イタチはすぐに追い出し、寄せ付けないように対策しましょう


住居や庭に現れたイタチは、すぐに追い出して寄せ付けないための対策を行いましょう。イタチを放っておくと棲みついてしまい、様々な被害をもたらします。

イタチを寄せ付けない方法として、イタチが嫌いな臭いを放つ忌避剤や、LED・懐中電灯の使用が有効です。また、イタチを追い出した後は侵入経路を物理的にふさぐ必要があります。

もし、自力でイタチを追い出すことが難しい場合には、イタチ駆除の専門業者にご相談ください。イタチ駆除業者なら、イタチの侵入経路の特定や、寄せ付けないための対策が可能です。被害が拡大しない内に、早めにイタチを駆除しましょう。



 
 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>