京都府のイタチ駆除
京都府のイタチ駆除

関西エリアで地元密着 実績50年以上

経験豊富なスタッフが駆けつけます!
日本ペストコントロール協会正会員

京都府でのイタチ駆除

こんなお悩みに

  • 天井でゴソゴソ生き物が動き回ってる
  • ネズミにしては大きいかも!?
  • イタチの糞尿で不衛生になる

イタチの捕獲が許されるのは、許可をもつ業者だけ

1.鳥獣保護管理法で守られているため、勝手には駆除できない

イタチの捕獲・殺処分ができるのは、狩猟捕獲の正式な手続きをしている業者だけ。しかも、捕獲ができるのはオスだけです。

2.約3cmのすき間を抜けることができる

非常に素早く、垂直に壁を登ることもできる、イタチ。床下や屋根裏などへの侵入経路をふさぐことが大切です。

3.ノミやダニなど、二次被害にも要注意

イタチの体には、ノミやダニなどの害虫がついています。また、イタチが食べるネズミなどの死骸からも、害虫が発生するため注意が必要です。

イタチによる被害・予防策

経験豊富なスタッフが駆けつけ、しっかり駆除します。

その他の対応エリア

対応エリア

大阪府

大阪市
旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区

堺市
堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区

池田市、吹田市、豊中市、茨木市、高槻市、東大阪市、枚方市、寝屋川市、八尾市、岸和田市、摂津市、島本町、箕面市、豊能郡、豊能町、能勢町、守口市、大東市、門真市、四條畷市、交野市、柏原市、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、貝塚市、和泉市、泉大津市、泉佐野市、泉南市、阪南市、高石市

兵庫県

神戸市
東灘区、灘区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区、北区、中央区、西区

川西市、宝塚市、伊丹市、西宮市、芦屋市、尼崎市、猪名川町、三田市、明石市、丹波篠山市、丹波市、三木市

奈良県

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市

京都府

京都市
上京区、下京区、左京区、中京区、東山区、右京区、伏見区、北区、南区、山科区、西京区、

宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町、向日市、長岡京市、大山崎町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市

和歌山県

和歌山市周辺

料金の目安

建物や部屋の大きさ、繁殖状況によって料金は変動します。
現在の状況をお聞かせください。

ワナ設置 基本料金

27,500円(税込)~

室内天井点検口内にエサ付のワナ(金属製カゴ)を設置

点検・エサ替え

3,850円(週1回)(税込)~

週1回の点検・エサ替え

1匹捕獲(回収)ごと

+22,000円(税込)~

お見積りご参考

例1:個人宅(戸建の屋根裏)の場合

  • スタッフ1名で駆除
  • ワナ1個+エサ替え2回+1匹捕獲
  • 完了まで2週間程度(各作業時間は30分以内)

55,000円(税込)

イタチは鳥獣愛護法に保護されているため、殺傷できません。
天井に点検口がない場合は、別途工事を依頼する可能性があります。
侵入口の封鎖・天井裏の清掃、消毒も可能です。別途お見積りさせて
いただきます。

お問い合わせ時のチェックポイント

  • 被害状況は?
  • 天井からゴソゴソ音がする?
  • 建物の種類は?
  • 天井の点検口の有無は?

日本ペストコントロール協会正会員

安心しておまかせください。

トータルクリーンは、関西の地域密着で実績50年以上。
適正な価格でしっかりと退治します。

お気軽にご相談ください

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)
関西エリア(大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山市周辺)対応

対応エリア

サービスの流れ

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

    まずは状況をお聞かせください。
    ご相談だけでもOK

  • お見積り+現地調査

    お見積り+現地調査

    現地調査が必要な場合があります。
  • 駆除作業

    駆除作業

    経験豊かなプロが急行。ていねいに駆除します。

  • ご精算

    ご精算

    作業完了後に、お支払いいただきます。
    後日振り込みも可能です。
    お支払い方法:現金、PayPay、銀行振込

Q&A

Q.依頼したら、すぐに来てもらえますか?

はい、最短で当日の夕方に駆けつけます。
すでに予約が入っている場合は、お客様のご予定に合わせて後日お伺いする場合もございます。

サービスの流れ

Q.見積もりは無料ですか?

はい、お見積りまでは無料です。
まずはお電話でお聞きして、すぐにお見積り可能な場合は料金をお伝えします。
現地調査が必要な場合は、調査後に無料でお見積りいたします。
ご了承いただければ駆除スタッフがおうかがいします。

Q.イタチを駆除したあと、また同じ場所に発生しますか?

駆除のあと、侵入経路をふさぐなど予防対策は必要です。

お客さまの声

  • 空き家に棲みついているであろうイタチのせいで、お隣のお庭に鳥の死骸などがしばしば置かれていることもあるそうで、市役所に相談して紹介してもらいました。
    当方が遠方なこともあり、逐一報告していただいたり、写真などを送っていただけたので安心してお任せできました。ありがとうございました。

    大阪市:個人宅 部屋内

  • イタチ駆除を頼むのは、実は初めてじゃないのですが、御社は初めてでした。
    依頼してからワナ設置・回収までの一連の流れにスピード感があり、早く家から追い出したい顧客側の気持ちに寄り添ってくれる会社だなと思いました。

    阪南市:個人宅 床下侵入口封鎖

  • 知り合いや市役所から何件か紹介してもらって電話をしたところ、価格を含めて一番トータルクリーンさんがわかりやすく教えてくださったのでお願いしました。対応が早かったのも嬉しかったです。

    吹田市:個人宅 庭

  • すぐに対応いただきありがとうございました。
    倉庫には食品などの商品も保管していますので、早めに駆除してもらえて助かりました。またご相談させていただくと思いますがよろしくお願いします。

    明石市:会社 倉庫内

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code

イタチによる被害・予防策

よくあるイタチの被害

  • 天井裏を走り回って、騒音を出す
  • フンや尿のによる悪臭・シミなど
  • 屋内に侵入し、食品を荒らす
  • 家畜を食害する
  • 生ゴミをあさり散らかす
  • 断熱材をやぶり、巣を作る

イタチの特徴

  • 床下や天井裏に棲みつき、繁殖することがしばしばある
  • 垂直の壁を登ることができる
  • 食性は雑食(ニワトリやネズミ・ウサギなどの動物食の他、果実)
  • 3cmほどのすき間を抜けることができる
  • 泳ぐことができる
  • 非常に素早い
  • 非常に凶暴
  • 都市部へのチョウセンイタチの進出が増えている
  • 繁殖時期は春
  • オスとメスで大きさが異なる(オスが大きくメスが小さい)

イタチの予防策

  • 家に入る侵入経路は、なるべく塞ぐ
  • においを発するものを天井裏や床下にまく(木酢液やクレゾール石鹸液など)
  • 天井裏に他の動物忌避剤を置いておく
  • 夜間、天井裏に点滅ランプなどを設置して点滅させる
  • 家の周りから、エサになるようなゴミを減らす

総まとめ!イタチの生態から駆除方法まで

イタチの種類

チョウセンイタチ(シベリアイタチ・タイリクイタチ)

チョウセンイタチ(シベリアイタチ・タイリクイタチ)

分布域
おもに西日本全域・都市部
形態
オス:頭胴長37cm前後、尾長19㎝前後、体重700g前後
メス:オスの約2/3程度
体色は、全身がやや褐色がかった山吹色の体毛におおわれる。
特徴

シベリアイタチ、タイリクイタチとも呼ばれる。
チョウセンイタチは、1930年ごろ兵庫県明石市の毛皮業者が養殖のために持ち込んだものが、その後養殖場から逃げ出した。同年代ごろ戦後の混乱期に、船舶の積荷などに紛れ込んで朝鮮半島から九州地方に分布を拡大し、現在では西日本一帯に広く生息と考えられている。

ニホンイタチよりひと回り大きく凶暴な性格であるため、従来生息していたニホンイタチは平野部から追い払われ、おもに山間部へ。チョウセンイタチはおもに都市部や平野部に棲み分けた格好となっている。街中で家の中に侵入したり、ドブ川の水抜き穴などでよく見かけるのはチョウセンイタチである。

ニホンイタチ

ニホンイタチ

分布域
沖縄周辺をのぞく全土に分布・山間部
形態
オス:頭胴長31㎝前後、尾長13㎝前後、体重400g前後
メス:オスの約2/3程度
体色は、夏季に褐色がかった黄土色で、一見チョコレート色。冬季は山吹色になる。
特徴

1870年ごろまでは青森県より以南にしか生息していなかったが、北海道開拓がはじまり往来が盛んになるにつれて、船舶の積荷にまぎれて本州から潜入。それ以降、猛烈な勢いで繁殖し、現在では沖縄周辺をのぞく全土に分布している。

過去に、ねずみ駆除の目的で導入されたことがあり、それが原因となって生態系への悪影響が懸念されている。現在は、チョウセンイタチが勢力を強め、生息場所を山間部に移しているようだ。
サイズは、チョウセンイタチよりもひと回り小さめだが、最近体のサイズや毛色などで二種の中間的な特徴をもつ個体が現れ、すでに交雑が生じている可能性がある。

ニホンテン

ニホンテン

夏のテン
冬のテン

分布域
里山から奥山まで、日本全国に広く分布
形態
オス:頭胴長47㎝前後、尾長20㎝前後、体重1.5㎏前後
メス:オスの約2/3程度
毛色には、胸にオレンジ斑をもち、鮮やかな黄色をした個体から褐色をしたものまで変異が大きい。
特徴
里山から奥山まで日本全国に広く分布し、行動範囲も広い。雑食性で木登りが得意。ことのほか用心深く、主に夜に活動する。山地棲のテンはねずみなどを捕獲し、増えすぎを抑制して森林保護に役立つほか、液果を食べて種子散布の役割も果たしている。

他の害虫・害獣駆除サービス