害虫駆除コラム

屋根裏にシロアリ?【チェック方法と対策】気配を感じたら早急に調べましょう

2022年4月17日

「屋根裏に羽が落ちていた」、「天井から粉や粒状のものが落ちてくる」
それ、シロアリかもしれないですね。
シロアリの被害は床下だけではありません。
もし屋根裏でシロアリの気配を感じてしまったら、早急に手を打たないと深刻な事態になってしまうかも。
いえ、もうなっている可能性が高いです。
思い当たる方は、本記事を読んですぐに行動してください。
シロアリの被害は今まさに進んでいるかもしれません。
本記事を読むと、屋根裏にシロアリがいるのかチェックする方法がわかります。
焦らせるつもりはありませんが、早ければ早いほど被害を最小限に抑えられますので、なるべく早く確認をしましょう。

シロアリが屋根裏にまでくる3つのケース

シロアリの被害は屋根裏に及ぶ

シロアリの被害が屋根裏に及ぶケースは、決して珍しいことではありません。
むしろ、よくあるケースです。
以下に屋根裏にシロアリが発見される3つのケースを紹介します。

1.羽アリがたまたま外から屋根裏に飛来することもある

シロアリは春から夏にかけて、新たな住処に移って繁殖をするために、羽を生やして巣から飛び立ちます。
時期がくると数千匹単位で羽アリが巣から飛び立つこの現象を、群飛(ぐんぴ)と言います。
確率は低いですが、この群飛の際に飛び立った羽アリがたまたま屋根裏に飛来して、そこに巣を作ることがあります。
屋根裏に飛来しているので、床下を調べてもシロアリはいなく、なかなか気づかないという厄介なケースです。
とはいえ稀なケースなので、そこまで心配する必要はないでしょう。

2.雨漏りで屋根裏がシロアリにとって快適な環境になっている

日本のシロアリ被害といえば、ヤマトシロアリとイエシロアリが主なものですが、共通の特徴として両方のシロアリ共に湿った木材を好むことです。
そのため通常シロアリの被害といえば、湿気を帯びた床下のほか、台所やお風呂場など水回りの周囲の壁や柱などの木材に出るのが一般的です。
しかし、屋根裏でもシロアリの被害がでるケースがあります。
それが雨漏り。
部屋の中から天井を見るだけだとわからないけど、「屋根裏には雨漏りをしている」なんてことが結構多くあります。
屋根から雨漏りがあると、屋根裏は一気にシロアリにとって湿気を帯びた快適な環境に早変わりします。
屋根裏にシロアリがいるのは、雨漏りが原因なことがとても多いです。

3.アメリカカンザイシロアリは屋根裏でも被害を及ぼす

アメリカカンザイシロアリは最近増えてきたアメリカ西海岸から日本に入ってきた外来種のシロアリです。
このシロアリの厄介なところは、その名のとおり乾材を好んで食べるため、湿気に関係なく木材に被害を与えることです。
アメリカカンザイシロアリが屋根裏で発見されるのは、床下から柱や壁などの中を伝って屋根裏に到達するケースです。
アメリカカンザイシロアリは小集団で生活をしているため、その巣を発見して駆除するのはプロでも非常に難しいと言われています。

屋根裏に現れたのがシロアリかどうかチェックする3つの方法

屋根裏にシロアリが現れることはわかりました。
じゃあ、次に「シロアリが屋根裏にいるか判断する方法」を3つのポイントに絞って解説します。

1. 屋根裏に羽が落ちている

屋根裏を点検した際に5ミリ前後の羽を無数に発見したら要注意です。
シロアリは元々いた巣から飛び立って、新たな住処となるところに降り立つと自ら羽を切り落とします。
なので、もし屋根裏などに5ミリ前後の羽がいくつも落ちていた場合は、シロアリが飛来して家に住み着いてしまった可能性があります。
また羽だけでなく、羽アリを発見した場合は、すでに家の中に大きなシロアリの巣が作られている証拠です。

2. 粒状の糞が屋根裏などに散らかっている

アメリカカンザイシロアリは、上記でも解説したとおり小集団で行動をするため、プロでも発見が難しいシロアリと言われています。
しかし、ユニークな特徴として顆粒状の糞を巣としている木材の外に排出をします。
屋根裏などを点検した際に固い俵上の粒を無数に発見したら、その周囲や上の壁や天井、柱を入念にチェックしてください。
針で刺した程度の小さな穴があったらアメリカカンザイシロアリかもしれません。

3. 柱などの木材をたたいた時に乾いた音がする

シロアリが屋根裏に現れる場合、ほとんどのケースは柱などの木材の中を進んで行って屋根裏に到達しています。
そこで、柱などの木材は空洞化するので外からたたくと軽い音がするようになります。
もし、柱をたたいて音に違和感を感じたら柱の上から下までチェックしましょう。
軽い音が天井付近まで続いている場合は、屋根裏まで到達している可能は非常に高いです。

屋根裏にシロアリがいた場合は早急にプロの業者に相談すべき

屋根裏にシロアリがいた場合、家に相当深刻な被害が出ていると考えるべきでしょう。
既に素人が対処できる範囲を超えている可能性がほとんどです。
本記事を読んでシロアリが屋根裏にいるケースに当てはまる場合は、早急にプロの業者に相談をしてください。
無料で家の状況をチェックして、駆除費用を見積してくれる業者もいますので、うまく活用しましょう。
気になる方は、まずは電話で気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

「業者に頼むと費用が気になる」、「高額請求されるんじゃないか」と心配な方は、【これでバッチリ!】シロアリ駆除費用の全て | 高額請求をしてくる悪徳業者を見分ける方法も解説の記事も併せて読んでみてください。
きっと参考になりますよ!

この記事を監修した専門家
害獣・害虫・害鳥のスペシャリスト
角野 顕司
株式会社トータルクリーン
【保有資格】
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール1級技術者
  • 公益社団法人日本ペストコントロール協会認証ペストコントロール技能士
  • ペストコントロール従事者
  • わな猟狩猟免状
  • 毒物劇物取扱責任者資格
【得意なジャンル】

ウイルス関係の消毒・ゴキブリ駆除・ネズミ駆除などの害獣、害虫駆除

【担当者コメント】

業界経験21年、作業実績6,000件以上。豊富な知識と経験で、柔軟に対応致します。害虫、害獣、害鳥ならどんなお悩みもお任せください。

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code