害虫駆除コラム

シロアリが屋根裏まで到達してしまう原因や駆除方法を解説【知っ得】

2021年5月21日

屋根裏をチェックしたときに、木材の劣化などが気になった方も多いのではないでしょうか。

木で出てきた部分が損傷している場合、シロアリによる被害が発生している可能性があるため、早めの対策が必要です。

このページでは、シロアリが屋根裏まで到達してしまう原因や、シロアリが発生した場合の駆除方法について解説します。

 

シロアリは壁や柱の内側から屋根裏まで到達するケースがある

シロアリは地中に生息している生き物のため、床下に被害をもたらすことが一般的です。しかし、シロアリの種類によっては、壁や柱の内側にある隙間を通って、屋根裏にまで到達するケースがあります。

特に、屋根が雨漏りをしている場合は、屋根裏の湿度があがるためシロアリの被害を受けやすい傾向です。また、風呂場の天井も湿気が溜まりやすいため、シロアリによる被害を受ける可能性があります。

 

屋根裏にシロアリ被害が出ている場合、ほかの場所にも注意が必要

シロアリは「蟻道」と呼ばれる土で作ったルートを通じて移動するため、屋根裏にまで到達している場合はほかの場所も通っている可能性が高いです。特に、地面に近い床下や、壁・柱の内側にシロアリの被害が出ているケースがあります。

シロアリは木材の内部を食害していくため、家の内側からは被害範囲が見えないことが一般的です。屋根裏でシロアリの被害が確認された場合や、屋内でシロアリを見かけた場合は、家全体をチェックする必要があります。

 

屋根裏に出たシロアリの駆除は専門業者への依頼がおすすめ

屋根裏にシロアリが出てしまった場合、専門の駆除業者に依頼することがおすすめです。シロアリは種類によって有効な薬剤や駆除方法が異なります。そのため、一般の方が自力でシロアリを駆除することは困難です。

また、木造住宅でシロアリの被害が広がってしまうと、耐震性に影響を及ぼすリスクがあります。シロアリの駆除に加えて、傷んでしまった構造部分の補修工事なども必要です。

 

まとめ 屋根裏をチェックしてシロアリ被害を食い止めましょう

屋根裏に近い屋内でシロアリを見かけたときは、建物の内部がシロアリによる被害を受けている可能性があります。そのため、屋根裏や床下などをチェックしたうえで、適切な対処を行うことが大切です。

50年の害虫駆除実績を持つ弊社では、シロアリ駆除のご依頼を承っています。無料見積もりを受け付けておりますので、シロアリのトラブルでお困りの方はお問合せください。
 

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

まずは、状況をお聞かせください

今すぐ対処できることを
お教えします

0120-005-713

受付時間:8:00~18:00(月~土)

LINELINE お問い合わせ

トータルクリーンのLINE QR-code