HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】「いたちごっこ」ってなに? 語源を解説

更新日 : 2020/2/12

「いたちごっこ」という言葉がありますが、これは両者がお互いに同じようなことを繰り返し、らちがあかないような状態のことを意味します。 ところで、この「いたちごっこ」という言葉の語源をご存知ですか? なぜ「いたちごっこ」と呼ぶのでしょうか。

 

 

 

 

江戸時代の子供の遊びから

「いたちごっこ」とは、江戸時代後期に流行った子供の遊びからとられたと言われています。具体的には、次のような遊びです。
1.ふたりが向かい合う
2.「いたちごっこ」「ねずみごっこ」と言いながら、
3.相手の甲を順につねっていく
4.両手がふさがったら一番下の手を上に持ってきて、相手の上の手の甲をつねる 5.このように、かわるがわる手の甲をつまんでいくのを繰り返す

【参考】いたちごっこ - Wikipedia

まさに終わりがない遊びですよね。この遊びから、同じことが繰り返されてらちがあかないさまを「いたちごっこ」と呼ぶようになったそうです。

 

 

 

 

なぜ「いたちごっこ」なのか

では、なぜこの遊びで「いたちごっこ」「ねずみごっこ」という掛け声となったのでしょうか。 この「いたちごっこ」遊びは、交互に相手の手の甲をつまんでいく動作を、どんどんスピードを上げていくそうです。そのため、「相手の手の甲をつまむ」という細かい動作を、早くちょこまかと繰り返すさまが、「イタチ」や「ネズミ」のようだと考えられたようですね。 当たり前の話ですが、江戸時代から、イタチやネズミは人の生活環境に近い場所で暮らしていた、ということも意味します。我々の先祖も、イタチやネズミの被害にはきっと頭を悩まされていたことでしょう。

 

 

 

 

イタチ対策が「いたちごっこ」になっていたら、プロの駆除業者に相談を

遊びなら良いですが、家のイタチ対策が「いたちごっこ」になるのは避けたいところですよね。 イタチ対策には侵入口をふさぐ、イタチのいやがる匂いのする忌避剤をまく、などの方法がありますが、一般人ができる対策には限りがあります。イタチにお困りでしたら、ぜひプロの駆除業者にもご相談くださいね。

イタチ駆除・害獣対策は害虫駆除業者トータルクリーンへ|ペストコントロール協会

 

 

 

 

 

 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素よりトータルクリーンをご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに! 
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>