HOME » お知らせ
お知らせ

【知っ得】ハチの巣がどこかわからない場合の駆除方法を解説

更新日 : 2020/4/10

「ベランダや庭などにハチが来るけど、ハチの巣がどこかわからない…」

とお悩みではありませんか?家や仕事場の近くにハチが発生すると、刺されてしまう危険性があるため、早めの駆除が大切です。

そこで、このページではハチの巣がどこにあるかわからない場合の駆除方法について解説します。

 

 

 

 

ハチの巣がどこかわからない場合、駆除する前に探す必要あり


ハチの巣がどこにあるかわからないと、確実に駆除することはできません。日中に外を飛んでいるハチは巣から出て餌を探し、夕方以降に巣へと戻っていきます。そのため、巣を探して撤去しない限り、ハチは繰り返し現れてしまうのです。

ハチを駆除するためには、まずハチの巣がどこにあるかを見つける必要があります。

 

 

 

 

ハチの巣がある場所はハチの種類によって異なる


一括りにハチといっても、その種類は様々です。そして、ハチの種類によって巣がある場所は異なります。日本でよく発生する主なハチは、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの3種類です。

飛んでいるハチの体が腰のあたりでくびれている場合、スズメバチかアシナガバチの可能性が高いと言えます。太めな体で動きが速いならスズメバチ、細めな体で脚が垂れ下がっているならアシナガバチの仲間です。

・スズメバチの巣の場所
スズメバチに分類されるハチとして、オオスズメバチやキイロスズメバチ、コガタスズメバチなどがいます。巣を作る場所は、オオスズメバチは地面の土の中や木の洞など、コガタスズメバチは植え込みや軒先などが一般的です。キイロスズメバチは、天井裏や床下など様々な場所に巣を作ります。

・アシナガバチの巣の場所
アシナガバチは、木の枝や軒先、ベランダなどに巣を作ります。アシナガバチの巣は、六角形の小部屋に分かれたシャワーヘッドのような形です。

・ミツバチの巣の場所
ミツバチは、天井裏や床下、壁と塀の間など、外から見つかりづらい場所に巣を作ります。ミツバチの巣は、六角形の小部屋に分かれていることが特徴です。

 

 

 

 

ハチの巣の位置がわからない場合、自力での駆除は危険です


ハチの巣がどこにあるか目視で確認できない場合、自力で駆除することは大変危険です。ハチの巣が思わぬ大きさになっている場合などは、大量のハチが出てくるケースがあります。

大きくなってしまったハチの巣を撤去するには、専用の防護服や薬剤などの道具のほか、駆除に関する専門知識が必要です。巣の場所が分からなかったり、狭い場所にあって大きさが確認できなかったりする場合は、専門業者に相談しましょう。

 

 

 

 

まとめ ハチの巣がわからない時は駆除業者に相談を!


ハチを安全に駆除するためには、ハチの巣の場所や大きさを把握することが大切です。また、小さな巣であっても油断せず、防護服やハチ専用の薬剤を使う必要があります。

ハチの巣がどこにあるかわからない場合は、駆除業者への依頼がおすすめです。弊社ではハチ駆除に関する無料見積もりを承っていますので、ハチのトラブルでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 



クリックすると弊社のハチ対策・駆除のページへ移動します

ハチ専用のお問合せフォームはコチラから

+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+
平素より弊社をご愛顧頂きありがとうございます。
いざというときにお役立て頂ける、害虫に関する
知って得する情報【知っ得】の連載をしております。
是非ご覧ください。
毎週月・金曜・随時更新 お楽しみに!
+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜++.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.+.。.:*・゜+

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>